鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成

2022年6月24日公開,142分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

荒川弘による人気コミックを実写映画化した「鋼の錬金術師」シリーズの完結編2部作の第2弾。原作のクライマックスである“お父様”との戦いを描く。主人公エド役のHey!Say!JUMPの山田涼介や、エドとアルの幼なじみであるウィンリィ役の本田翼をはじめ、多くのキャストが続投。「きのう何食べた?」の内野聖陽が、エドとアルの父ヴァン・ホーエンハイムと、ホムンクルスたちの生みの親であるお父様の2役を演じる。

”ハガレン”のラストは全員で見届けたい!『鋼の錬金術師』特集

”ハガレン”のラストは全員で見届けたい!『鋼の錬金術師』特集 PR

ついに終幕する『鋼の錬金術師』。壮大な物語のフィナーレを全力で迎える準備をしよう!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大総統キング・ブラッドレイが収める国家の中枢には、国民の魂と引き換えに完全な存在になろうと企てるホムンクルスたちの生みの親“お父様”が潜んでいた。スカーと激しい戦いを繰り広げたエドとアルの兄弟や、国軍大佐のマスタング、賢者の石を求め隣国シンからやってきたリンたちは手を組み、陰謀の阻止に挑む。やがて、お父様が“約束の日”と語るその日が訪れ、失った身体を取り戻そうとする兄弟の旅は結末を迎える。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
ワーナーブラザース映画
上映時間
142分
製作会社
映画「鋼の錬金術師 2&3」製作委員会

[c]2022 荒川弘/SQUARE ENIX [c]2022 映画「鋼の錬金術師 2&3」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?