僕が愛したすべての君へ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
僕が愛したすべての君へ
3.8

僕が愛したすべての君へ

2022年10月7日公開、102分、アニメ/恋愛
  • 上映館を探す
  • みたい
    885
  • みた
    433
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

乙野四方字の同名小説を原作とする、無数に存在する並行世界を行き来することができる少年が一人の少女に恋に落ちる姿を描くラブストーリー。主人公の暦を『his』の宮沢氷魚、ヒロインの和音を『ここは退屈迎えに来て』の橋本愛が、それぞれ声を務める。タツノコプロ内の新スタジオレーベル、BAKKEN RECORDが制作を担当し、『劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の松本淳がメガホンをとる。

配信で観る

ストーリー

高校生の高崎暦は両親が離婚したことにより、母親と暮らしている。通学している学校は進学校ということもあり、勉強一色な雰囲気や自身の性格も相まってなかなか友人を作ることができずにいた。そんなある日、クラスメイトの瀧川和音に声をかけられる。85番目の並行世界から移動してきたという彼女は、その世界での暦と和音は恋人同士であると告げる。

予告編・関連動画

須田景凪が彩る一途な恋の物語『僕が愛したすべての君へ』本予告

予告編

2022/8/24(水)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
東映
初公開日
2022年10月7日
上映時間
102分
製作会社
「僕愛」「君愛」製作委員会(製作幹事:電通/アニメーション制作:BAKKEN RECORD)
ジャンル
アニメ恋愛

[c]2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
[c]キネマ旬報社