エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス

2023年3月3日公開、140分、アクション
  • ムビチケ前売り券
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マルチバースに迷い込んだごく普通の女性がカンフーを駆使して世界を救おうとする姿を描くアクションアドベンチャー。『スイス・アーミー・マン』のダニエル・クワンとダニエル・シャイナートからなるコンビ、ダニエルズがメガホンをとり、『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』のミシェル・ヨーが救世主として覚醒してしまう主婦エヴリンを演じる。

第95回アカデミー賞特集

日本時間3月13日(現地時間3月12日)に実施される第94回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」。 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

予告編・関連動画

最先端のカオスが展開する『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』特報

特報

2022/12/2(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

破産寸前のコインランドリーを運営するエヴリンは、ボケているのに頑固な父親、反抗期が続く娘、そして優しいが頼りにならない夫と共に暮らしていた。頭の痛い問題に囲まれながら生きるエヴリンの前に突然、“別の次元”から来たと話す夫が現れ、混全世界の危機を救うことができるのはエヴリンだけだと告げる。混乱が隠せないまま夫に連れられ“マルチバース”に飛び込んだ彼女は、世界を救うため巨悪との戦いに身を投じていく。

作品データ

原題
EVERYTHING EVERYWHERE ALL AT ONCE
映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
140分
製作会社
Gozie AGBO=Year of The Rat=Ley Line Entertainment
ジャンル
アクション

[c]2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.8 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?