こんにちは、母さん:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
こんにちは、母さん
こんにちは、母さん
4.0

こんにちは、母さん

2023年9月1日公開、110分、ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    1,193
  • みた
    414
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東京の下町を舞台に、変わらない親子の絆を描いた永井愛の同名戯曲を映画化。『母べえ』『母と暮せば』に続く「母」3部作として、山田洋次監督がメガホンをとり、吉永小百合が主演を務める。「鎌倉殿の13人」の大泉洋が吉永演じる福江の息子、昭夫を、『母性』の永野芽郁が昭夫の娘である舞をそれぞれ演じる。

配信で観る

ストーリー

大会社に務める神崎昭夫は、人事部長として日々精神を摩耗している。加えて家庭内での妻との離婚話や大学生になった娘の舞との関係に悩んだ昭夫は、久しぶりに東京下町に住む母、福江のもとを訪れる。しかし、以前は割烹着を着ていたはずの母親が艶やかな服を着て、イキイキと暮らし、さらに恋愛までしているようだ。実家にも居場所がないことに戸惑う昭夫だったが、母や下町の人々との交流を通して、見失っていたものに気がついていく。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

特集

『こんにちは、母さん』ロケ地の魅力に迫る!「東京ロケーションボックス」特集 PR

巨匠・山田洋次×主演・吉永小百合で贈る『こんにちは、母さん』。極上の家族ドラマの裏側を、関係者の証言からひも解く!

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
日本
配給
松竹
初公開日
2023年9月1日
上映時間
110分
製作会社
「こんにちは、母さん」製作委員会(松竹=木下グループ=テレビ朝日=住友商事=松竹ブロードキャスティング=アミューズ=博報堂=博報堂DYメディアパートナーズ=読売新聞社=GYAO=朝日放送テレビ=BS朝日=日本出版販売=クリエイティブオフィスキュー=講談社=メ~テレ=北海道テレビ=静岡朝日テレビ=九州朝日放送)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2023「こんにちは、母さん」製作委員会
[c]キネマ旬報社