ブラウンの爆裂珍艦隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブラウンの爆裂珍艦隊

1933年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ブラウン野球虎の巻」「海底マラソン」と同じくロイド・ベーコンが監督したジョー・E・ブラウン主演喜劇で、「西部無敵王」のアル・コーンと「ニューヨークの歩道」のポール・ジェラード・スミスが共同して台本を書き下ろした。相手女優は新人のジーン・ミューアが抜擢されて勤め、「緑の処女地」「消えゆく国境」のジョン・マック・ブラウン、舞台から来た新人ジョージ・プラックウッド、「その夜」「御冗談でしョ」のセルマ・トッド、「犯罪都市(1931)」「肉の蝋人形(1933)」のフランク・マクヒュー、サミュエル・S・ハインズ、ウォルター・ミラー等が助演。撮影は「アメリカの暴露」のアイラ・モーガン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ航空母艦サラトガ号の水兵ハンサム・カラハンはいつも自分がさも偉そうに吹き立て大風呂敷を拡げずにはいられない男だった。で、上陸の折友達は彼の上衣に赤ん坊の靴を1足入れておく、ハンサムが女給を口説いていると件の靴が現われて彼女はセンチになる。で彼は良い考えを思い付いてこの靴を種に女にキッカケを作ろうとするが1人もモノにならない。とヘレンという娘の操作する自動車にぶつかり早速ハンサムは例の手を用いる。がその靴は彼女が許婚のデュークに与えたものだったので彼女は自宅へ招待する、その途中彼は相変らずヘレンに海軍の士官たちはみんな知り合いだと吹き立てる。ヘレンの家へ到着すると彼はその堂々たる邸宅なのに気を呑まれて逃げ出そうとするが彼女は執事に命じて彼を引き止めておかせる。一方これもやはりそこは来ていたデュークはヘレンからハンサムの話を聞き手伝って彼を逃がそうとするが彼女は執事に命じて嫌がる彼を無理に止め祖父のファンズワース提督たちに紹介する。翌朝ハンサムが逃げ出そうとしているとき、前夜の客の中にスパイがいて機密書類を盗み飛行場へ向かったことがわかったので彼はそれを取り戻すべくスパイを追いかけまさに離陸しようとする飛行機へ乗り、空中でスパイをのす。しかし彼は操縦を知らないので飛行機は墜落しそうになる、で遂にパラシュートで飛び降りその朝行われる筈の爆撃演習の標的艦上に着く。そこへ爆弾が命中彼は海中へ吹き飛ばされるが自分の艦の乗組員に救助され菅倉に入れられる。やがれ提督の前に呼ばれるので叱られると思いきや、スパイを捕え書類を取り戻したのを褒められ1等兵曹に抜擢される。数年後、彼は南海のある島で東洋人の女と話ながら中国の赤ん坊の靴を見せ相変らずセンチ話をしていた。

作品データ

原題
Son of a Snilor
製作年
1933年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?