ペペ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ペペ

1961年3月15日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「奥様ごめんなさい」のジョージ・シドニーが監督したオール・スター喜劇。原作はレオナルド・スピゲルとソニア・レヴィーンが書き、脚色をドロシー・キングスレイとクロード・ビニヨンが担当した。撮影はジョー・マクドナルド。音楽はジョニー・グリーン。出演するのは「八十日間世界一周」のカンティンフラス、「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のシャーリー・ジョーンズなど。その他ゲストとしてビング・クロスビー、フランク・シナトラ、モーリス・シャヴァリエ、グリア・ガースン、ジャネット・リー、キム・ノヴァックなど多くのハリウッド・スターが出演している。製作ジョージ・シドニー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ペペ(カンティンフラス)は4年間手塩にかけた愛馬、ドン・ファンが映画監督のテッド(ダン・デイリー)に買いとられたので、ドン・ファンをとりもどそうとハリウッドへ出かけた。そして、撮影所でスージー(シャーリー・ジョーンズ)という娘に会った。スージーは生え抜きのハリウッド育ちだが、映画の仕事を嫌っていた。とんちんかんなハリウッドでペペは、やっとテッドを見つけた。そして、テッドの所でペペはドン・ファンの世話をすることになった。テッドはかつて1流監督だったが、今や酒のため誰も相手にしてくれない。資金さがしに行ったラス・ヴェガスでも酔いつぶれている始末だ。ところがペペはバクチ場で大当り。テッドの映画製作の資金をかせいでしまう。そこでテッドノメキシコ・ロケがスージーを主役にしてはじまった。だが、結局テッドはかねてドン・ファンをほしがっていたプロデューサーに、ドン・ファンと交換に資金を借りなければならなかった。それを知ったスージーは、ペペの純な気持ちを傷つけたと、テッドに激しく怒ったのだ。ペペはそれをスージーが自分を愛してくれるのだと感ちがいした。だが、スージーの愛しているのはテッドであった。映画は見事に出来上がった。そして映画の所有権は、ドン・ファンと交換にプロデューサーにわたされ、返してもらったドン・ファンはペペの手にもどった。テッドは昔の名声とスージーを得た。かくて総ては八方円くおさまったのだった。

作品データ

原題
Pepe
製作年
1960年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?