法に叛く男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

法に叛く男

1961年4月8日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ルイス・アレン監督のギャング映画。フランク・J・コリンズの原作をジェームズ・R・ウェッブとW・R・バーネットが脚色。撮影はペヴァレル・マーレー。音楽担当はマックス・スタイナー。出演するのはエドワード・G・ロビンソン、「札束とお嬢さん」のニナ・フォックなど。製作フランク・P・ローゼンバーグ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地方検事のビクター(エドワード・G・ロビンソン)は助手のレイ(ヒュー・マーロウ)とエレン(ニナ・フォック)のデッチ上げのため無実の男を死刑にしてしまった。良心に責められたビクターは酒に気をまぎらせ、検事の職をしりぞいて、弁護士となった。最初はさびれていた彼の弁護士事務所も、彼のいくらか悪らつなやり方が評判になるにつけ、上客をつかんだ。上客とはギャングのボス、ガーランドであった。ガーランドは地方検事の事務所にスパイを入れて尻尾をつかまれぬように悪業を重ねていた。そのスパイとは助手のレイである。いまやガーランドのおかかえみたいになっているビクターのところへエレンから電話があり、彼女は彼のやり方を避難し、地方検事がスパイの存在を知っているとも注意した。そのエレンがある日、結婚した夫のレイがスパイであることを知り、正当防衛から彼を撃ち殺した。エレンの弁護はビクターがむろん買って出た。裁判の鍵はスパイがエレンであるか、レイであるかにかかっていた。エレンに不利な証拠が次々に持込まれる。そして休廷中にガーランドの殺し屋につけねらわれ、警官との撃ち合いにまき込まれ負傷、にもかかわらず再開後の法廷でビクターは、ガーランドの情婦エンジェル(ジェーン・マンスフィールド)を呼び出し、彼女の口からボーデンがスパイだったことを証言させた。そしてエレンが無罪になったのを見て、ビクターは庭に倒れたのだった。

作品データ

原題
Illegal
製作年
1955年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?