ボブ・マーリー:ONE LOVE:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ボブ・マーリー:ONE LOVE
3.8

ボブ・マーリー:ONE LOVE

2024年5月17日公開、107分、伝記
PG12
  • みたい
    2,549
  • みた
    694
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ロックの殿堂」入りを果たした伝説のミュージシャン、ボブ・マーリーの知られざる波乱に満ちた生涯を描く音楽伝記映画。『ドリームプラン』のレイナルド・マーカス・グリーンが監督と脚本を手掛け、マーリーの妻リタ、息子ジギー、娘セデラがプロデューサーとして参画する。『あの夜、マイアミで』のキングズリー・ベン=アディルがマーリー、『キャプテン・マーベル』のラシャーナ・リンチがリタを演じる。

ストーリー

1976年、ジャマイカは対立する二大政党によって分断状態にあった。国民的アーティストのボブ・マーリーは、政治闘争に巻き込まれ、銃で撃たれてしまう。だがわずか2日後にはマーリーは、8万人の聴衆の前でのライブを敢行。その後身の危険を感じたマーリーはロンドンに移り、アルバム「エクソダス」の制作に勤しむ。世界的スターの階段を駆け上がるマーリーだったが、母国ジャマイカには内戦の危機が迫っていた。

予告編・関連動画

ボブ・マーリー:ONE LOVE

予告編

2024/3/15(金)更新

チケットby MOVIE WALKER STORE

一般 ¥1900

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

特集

映画館で感じたい!ボブ・マーリーの魂のメッセージ『ボブ・マーリー:ONE LOVE』特集 PR

“伝説のアーティスト”の半生を描く音楽伝記映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』。その魅力や見どころを識者のインタビューや鑑賞者のレビューから解説!

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Bob Marley: One Love
映倫区分
PG12
製作年
2023年
製作国
アメリカ
配給
東和ピクチャーズ
初公開日
2024年5月17日
上映時間
107分
製作会社
Plan B Entertainment=State Street Pictures=Tuff Gong Production
ジャンル
伝記

[c] 2023 PARAMOUNT PICTURES
[c]キネマ旬報社