ポーキーズ2:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ポーキーズ2
ポーキーズ2

ポーキーズ2

1983年12月17日公開、95分、コメディ/青春
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

82年に公開された「ポーキーズ」の続編で、高校生たちのハチャメチャな珍騒動を描く喜劇。サイモン・リーヴス・ランズバーグ・プロの唯一の作品で、同社はこの映画のあとに解散した。製作のドン・カーモディとボブ・クラーク、監督のボブ・クラークは前作と変わらない。エグゼクティヴ・プロデューサーはメルヴィン・サイモン、ハロルド・グリーンバーグ、アラン・ランズバーグ。脚本はボブ・クラーク、ロジャー・E・スウェイビル、アラン・オームズビー。撮影のレジナルド・モリス、音楽のカール・ジットラーも前作のメンバー。出演は前作と同じダン・モナハン、ワイアット・ナイト、カーキ・ハンター、ナンシー・バーソンズなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1954年、フロリダ州シーワード郡にあるエンジェル・ビーチ。ここの高校に通うピーウィ(ダン・モナハン)は、ウェンディ(カーキ・ハンター)と初めてセックスをした翌朝、満面に微笑をたたえて目を覚ました。学校に行くと、仲間の卜ミー(ワンアット・ナイト)、ティム、ミッキーが彼をからかい「スケを廻してくれ」という。色男ぶったピーウィは承知し、みんなに「誰とでも寝る娘を紹介してくれ」と尋ねると、みんな「それはウェンディだ」と答える。ガックリ来たピーウィにウェンディは「私は誰とでも寝るわけじゃない。私はあなたが好きだったから」といい、ピーウィはにっこり。卜ミーたちに仕返しをすることにし、ストリッパーのサンディに金を出し、淫乱女ということにして、みんなを墓場に誘い、幽霊のかっこうをして驚かそうと企む。ところが、トミーらはすべてを承知して裏をかき、またもやピーウィは全裸で墓場から逃げ出すはめになった。ピーウィの母は高校で演劇のコーチをしている。高校ではシェークスピアの夕べと銘打って、「マクベス」「真夏の夜の夢」「ロメオとジュリエット」などを上演することにしていた。ピーウィやウェンディ、ミート、ビリー、インディアンのジョン・ヘンリーらがリハーサルをしていると、バルブリッカー先生(ナンシー・パーソンズ)や「正道教」なる宗派のフレイベル神父が来て、シェークスピアは猥褻だという理由で上演を禁止しようとする。校長やゲブハート議員は、心配するなと生徒たちを安心させる。しかし、フレイベルは反対運動をエスカレートし、さらにKKKも参加する。この情勢を見てゲブハートは、禁止にまわる。ピーウィらは反撃に立ち向かう。郡裁判所で市長たちが、フレイベル神父から借りたエロ・フィルムを鑑賞し、感嘆の声をあげているのをこっそりテープに録音する。一方、ゲブハートからマイアミのレストランに誘われたウェンディは、けばけばしいドレスであらわれ、傍若無人の振る舞いをして、ゲブハートの評判をめちゃくちゃにする。フレイベルはその頃、信徒を集めて大演説をぶっていた。卜ミーらはKKKのメンバーの頭髪を剃り、全裸で集会に送り込む。さらに、エロ・フィルムの盗聴テープを流したので、集会は大混乱。市長もフレイベルも失脚してしまった。

作品データ

原題
Porky's II The Next Day
製作年
1983年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
95分
製作会社
サイモン・リーヴス・ランズバーグ・プロ/アストラル・ベルビュー・パテ作品
ジャンル
コメディ青春

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?