ある一生:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ある一生
3.7

ある一生

2024年7月12日公開、115分、ヒューマンドラマ
  • みたい
    300
  • みた
    19
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界40ヵ国以上で発行160万部を超え、ブッカー賞最終候補にもなったローベルト・ゼーターラーのベストセラー小説を映画化。雄大なアルプスの風景をバックに、暴力や戦争、貧困に耐えて激動の20世紀を生きた孤児アンドレアス・エッガーの人生を描く。出演はオーストリアやドイツで活躍するシュテファン・ゴルスキー、「ヒトラーの贋札」のアウグスト・ツィルナー。

ストーリー

1900年頃、オーストリアのアルプス地方。孤児の少年アンドレアス・エッガー(イヴァン・グスタフィク)は、渓谷で暮らす遠い親戚クランツシュトッカー(アンドレアス・ルスト)の農場に引き取られる。しかし、農場主にとって孤児は安価な働き手に過ぎず、虐げられたエッガーにとって、心の支えは老婆アーンル(マリアンヌ・ゼーゲブレヒト)の存在だけだった。やがて成長したエッガー(シュテファン・ゴルスキー)は、アーンルが亡くなると留まる理由のなくなった農場を出て、日雇い労働者として生計を立てるようになる。渓谷に電気と観光客をもたらすロープウェーの建設作業員として働いているとき、最愛の女性マリー(ユリア・フランツ・リヒター)と出会い、結婚。山奥の木造小屋で、満たされた暮らしを送り始める。しかし、幸せな時間は長くは続かなかった……。第二次世界大戦が勃発し、戦地に召集されたエッガーはソ連軍の捕虜となり、ようやく谷に戻ることができたのは、何年も経ってからだった。時は過ぎ、観光客で溢れ返る渓谷で人生の終焉を迎えたエッガー(アウグスト・ツィルナー)に、過去の出来事がフラッシュバック。生涯を共にしたアルプスの光景を前に立ち尽くす……。

予告編・関連動画

ある一生

予告編

2024/6/5(水)更新

フォトギャラリー

チケットby MOVIE WALKER STORE

一般 ¥2000

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Ein Ganzes Leben
映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
ドイツ=オーストリア
配給
アット エンタテインメント
初公開日
2024年7月12日
上映時間
115分
製作会社
Epo-Film Produktionsgesellschaft=Tobis Filmproduktion Munchen
ジャンル
ヒューマンドラマ


[c]キネマ旬報社