クレオの夏休み:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
クレオの夏休み
3.8

クレオの夏休み

2024年7月12日公開、83分、ヒューマンドラマ
  • みたい
    285
  • みた
    28
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2023年カンヌ国際映画祭批評家週間オープニング作品となった深い愛の物語。父親とパリで暮らす6歳のクレオは、乳母のグロリアが大好き。だがある日、グロリアは故郷アフリカへ帰ることに。夏休みを迎えたクレオは、グロリアに会うため、単身海を渡る。出演は、撮影当時5歳半で、演技未経験から偶然見出されたルイーズ・モーロワ=パンザニ。監督は、共同監督を務めた『Party Girl(原題)』でカンヌ国際映画祭カメラドールに輝き、本作が長編単独デビュー作となる新鋭マリー・アマシュケリ。

ストーリー

父親とパリで暮らす6歳のクレオ(ルイーズ・モーロワ=パンザニ)は、いつもそばにいてくれる乳母のグロリアが世界中の誰よりも大好き。お互いに本当の母娘のように想いあっていた2人だが、ある日、グロリアが遠く離れた故郷へ帰ることに。突然の別れに戸惑うクレオを、グロリアは自分の子どもたちと暮らすアフリカの家へ招待する。そして迎えた夏休み、クレオは再会の喜びを胸に、ひとり海を渡り彼女のもとへ旅立つ……。

チケットby MOVIE WALKER STORE

一般 ¥2000

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Àma Gloria
映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
フランス
配給
トランスフォーマー
初公開日
2024年7月12日
上映時間
83分
製作会社
Lilies Films
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2023 LILIES FILMS
[c]キネマ旬報社