ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』
ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン
3.0

ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン

2024年7月12日公開、91分、ホラー
  • みたい
    98
  • みた
    8
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第80回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門最優秀監督賞を受賞したダーク・ファンタジー。感受性が豊かすぎて人を殺せないヴァンパイアのサシャは、自殺願望を持つ孤独な青年ポールと出会う。ポールは自分の命をサシャに捧げることを申し出るが……。出演は、「ファルコン・レイク」のサラ・モンプチ、新人フェリックス・アントワーヌ・ベナール。短編「Little Waves」がトロント国際映画祭や、ベルリン国際映画祭でノミネートされた、アリアーヌ・ルイ・セーズによる長編初監督作。第48回トロント国際映画祭オフィシャルセレクション選出。

ストーリー

ピアノを弾くことが好きなヴァンパイア、サシャ(サラ・モンプチ)は吸血鬼一族のなかでただ一人、感受性が豊かすぎて人を殺すことができないという致命的な問題を抱えていた。自ら人を手にかけることはせず、生きるために必要な血の確保を親に頼り続けている。両親はサシャを、血気盛んないとこのドゥニーズと共同生活を送らせることにする。血液の供給が断たれたサシャに、ドゥニーズは自分で獲物を狩るよう促すが、サシャには人を殺すことができない。心が限界を迎えたときに、自殺願望を持つ孤独な青年ポール(フェリックス・アントワーヌ・ベナール)と出会う。学校でいじめを受け、どこにも居場所がないと感じているポールは、自分の命をサシャに捧げると告げるが……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
VAMPIRE HUMANISTE CHERCHE SUICIDAIRE CONSENTANT
映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
カナダ
配給
ライツキューブ
初公開日
2024年7月12日
上映時間
91分
製作会社
Art et essai
ジャンル
ホラー

[c] Belles canines inc. – 2023 Tous droits réservés.
[c]キネマ旬報社