キャサリン妃効果!子どもたちへの愛が詰まったネックレスとイヤリングが完売|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2020/10/9 15:30

キャサリン妃効果!子どもたちへの愛が詰まったネックレスとイヤリングが完売

キャサリン妃が、10月10日の世界メンタルヘルスデーに先駆けてダービー大学を訪問した際に、初めて同じブランドで統一したネックレスとイヤリングがネットで完売したようだ。

「HELLO!」などによれば、このネックレスとイヤリングは、3月にウィリアム王子とキャサリン妃がアイルランドを訪問した際に贈られた、地元ブランド「All The Falling Stars」のもの。3つのペンダントトップひとつひとつに、3人の子どもたちの名前の頭文字であるジョージ王子のG、シャーロット王女のC、ルイ王子のLが刻まれた126ポンド(約1万7000円)のオーダーメイドのゴールドネックレスと、62ポンド(約8500円)のゴールドディスク・イヤリングだ。

イヤリングは、8月にシェフィールドのベビーバンクを訪問した際に、白いスザンナのワンピースと合わせていたものだが、その際にはマスクや髪の毛に埋もれて認識不能だった。一方で、先日公務でバタシー・パークに登場した際には、首周りが開いたラルフローレンの白いトップスを着ていたキャサリン妃。サウス・ウェールズでも着用していた「Spells of Love」のネックレスに、今回のネックレスを重ね付けしており、デザインがハッキリとわかったため、ブランド名が明らかに。また、ロンドンにある第12団スカウト隊を訪問した際のイヤリングも同ブランドのものだったことが判明し、ファンから問い合わせが殺到したという。

「モダンでシンプル、身につける人のナチュラルビューティを輝かせる」というコンセプトが売りの「All The Falling Stars」のウェブサイトによれば、すべてがハンドメイドで、75ユーロ(約9400円)以上の購入で海外へも送料無料なのだとか。

同ブランドのInstagramで、キャサリン妃が身につけている写真とともに、ネックレスとイヤリングのペアの写真を公開しているが、この数週間でキャサリン妃がヘビロテしていることから、世界中から問い合わせが殺到し、ハンドメイドのためオーダーに追い付かない状況に陥り嬉しい悲鳴をあげているそうだ。

EU離脱が明らかになってすぐに、英国とアイルランドの結びつきを高めるべくアイルランドを訪問していたキャサリン妃が、ここでも重要な役割を果たしたようだ。

NY在住/JUNKO