高山みなみ、コナン映画公開を前に「1年分の想いがあふれて…」と涙!池田秀一にエスコートされた浜辺美波も感涙|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/4/6 19:31

高山みなみ、コナン映画公開を前に「1年分の想いがあふれて…」と涙!池田秀一にエスコートされた浜辺美波も感涙

人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版第24弾『名探偵コナン 緋色の弾丸』(4月16日公開)の完成披露舞台挨拶が4月6日に東京国際フォーラムで開催され、高山みなみ(江戸川コナン役)、山崎和佳奈(毛利蘭役)、小山力也(毛利小五郎役)、池田秀一(赤井秀一役)、日高のり子(世良真純役)、森川智之(羽田秀吉役)、浜辺美波(石岡エリー役)が登壇。新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、1年ほど公開延期となっていた本作。高山が「1年分の想いがあふれてしまった」と会場に集まったファンを前に涙を流した。

『名探偵コナン 緋色の弾丸』の完成披露舞台挨拶が開催された
『名探偵コナン 緋色の弾丸』の完成披露舞台挨拶が開催された

世界を巻き込んだ未曾有の大事件を解決するために、“FBI捜査官で射撃の名手”である赤井秀一、赤井の弟で“7冠を達成したプロ棋士”の羽田秀吉、妹で“女子高生探偵”の世良真純、そして3人の母親で“領域外の妹”と名乗る謎に包まれた女性、メアリーが集結する本作。

ファンに大きく手を振った
ファンに大きく手を振った

この日は、キャスト陣の登場前にステージ袖からのアナウンスとして開幕宣言を実施。高山が「シリーズが始まって初めて、1年間の公開延期という判断をすることになりました。それは原作者の青山剛昌先生をはじめ、キャスト、スタッフ一同、とてつもなく苦しい判断でした」と声を絞りだしながら告白。涙声になりながら「それは毎年、本当に映画を楽しみにしてくださっているコナンファンの皆さんの想いを知っているからです」とファンの気持ちに寄り添い、「いよいよ皆様のところへこの映画を届けられる時が来ました!この1年間、コナンファンの皆様が長い間待ってくださっていたからこそ、こうして今日この日を迎えることができています」と感謝の言葉を送った。

ハンカチで涙を拭うファンの姿も見受けられたが、ステージに姿を現した高山は「すごく我慢していたんですが、1年分の想いがどうしてもあふれてしまって」とファンの前で再び涙。「江戸川コナンは泣かないんですが、高山みなみは泣くので」と照れ笑いをのぞかせていた。

【写真を見る】赤井秀一役の池田秀一が浜辺美波をエスコート!
【写真を見る】赤井秀一役の池田秀一が浜辺美波をエスコート!

また池田にエスコートされて真っ赤なマスタングから登場した浜辺も、涙を浮かべていた。大のコナンファンとのことで、「まさかマスタングに乗せていただけるとは思わず。なにより、皆さんにお会いできると思わず。打ち合わせの段階で足が震えていた。マスタングのなかでも、涙が出てしまった」と感激しきり。

“トリプルみなみ”、集結!
“トリプルみなみ”、集結!

また浜辺は「私の美波という名前は、両親が『タッチ』の浅倉南ちゃんが大好きで。南ちゃんのようにかしこくて、かわいくて、みんなに愛される人に育ってほしいということで、つけてくれた」と名前の由来を紹介。ステージには南を演じていた日高も登壇しており、浜辺は「母が喜んでいる」と胸いっぱいの様子。日高は「浜辺美波は、浅倉南を超えていると思います!」と声を弾ませ、「私のやったキャラクターにちなんだ名前をつけていただいて、その美波ちゃんが成長して、世良真純となった私と同じ作品で出演するなんて!私にとっても夢のようなうれしいお話」と大きな笑顔。「しかも、コナンにはもう一人“みなみ”がいる。こちらの高山みなみさま。“トリプルみなみ”のパワーも映画に詰まっております!」と不思議な縁で結ばれていることを喜んでいた。

安室をライバル視!
安室をライバル視!

赤井役の池田は「最近、安室というのが人気だと聞きまして」と、シリーズの人気キャラクターである安室透について言及。「実は先日会ったんですが」と安室役の声優、古谷徹と顔を合わせる機会があったようで、「『頑張ってくれ』と心にもないことを言っていました。安室に負けてなるものかと、精一杯、頑張った」とライバル視して、会場の笑いを誘っていた。最後には高山が「真実はいつもひとつ!」とコナンのお馴染みのポーズを決め、ファンは大きな拍手で応えるなど、キャスト陣とファンの“コナン愛”が伝わる舞台挨拶となった。

取材・文/成田おり枝

関連作品