佐藤健、ワンオクTakaは「嫁です」『るろうに剣心 最終章』舞台挨拶で信頼関係にじませる|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/6/12 15:03

佐藤健、ワンオクTakaは「嫁です」『るろうに剣心 最終章』舞台挨拶で信頼関係にじませる

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の大ヒット御礼舞台挨拶2本が、6月12日に丸の内ピカデリーで開催。第一部では、「The Beginning」より佐藤健、有村架純が登壇し、リモートで参加した大友監督と、本シリーズの主題歌を担当したONE OK ROCKのTakaと共に、本作の魅力を語り尽くした。

遂にグランドフィナーレを描く『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は6月4日より公開され、週末興行成績で首位スタートを切り、同週末では「The Final」も2位にランクインされ、「るろうに剣心 最終章」が1位と2位を独占した。大友監督は「本当にありがたいとしか言いようがないです」と言葉をかみしめた。

「The Beginning」では人を斬れない逆刃刀ではなく真剣でのアクションに挑んだ佐藤。「非常に楽し

「るろうに剣心」シリーズへの想いを語った2人
「るろうに剣心」シリーズへの想いを語った2人

かったです。今回は、養成ギブスを外したかのような動きやすさ。やっと伸び伸びできて、刀でのアクションを思う存分に楽しめたかなと」とご満悦だった。


有村は本作でのヒロインとなる雪代巴役について「撮影をするなかで、大友さんや健くん、皆さんと一緒に巴を作ることができたから心強くて。本番では1人だけど、一緒に作っている段階では1人じゃないと皆さんが感じさせてくれました」と心から感謝した。

雪代巴役の有村架純
雪代巴役の有村架純

また、アメリカからリモートで参加したTakaは「僕らもすべての作品で主題歌を書かせていただいて、『るろうに剣心』と共に、僕らのバンド人生もあったなと。遂に『The Beginning』で終わってしまうと思うと寂しいけど、ほっとしてるという気持ちもありますが、すばらしい魂のこもった作品になってると僕は確信してます」と万感の想いを口にした。

佐藤とTakaはプライベートでも仲が良いとのことで、佐藤にとってTakaはどんな存在か?と尋ねられる、佐藤は「嫁です」と笑ったあと、「嫁1、嫁2」と続いて有村を指差した。MCから「では、(ヒロイン神谷)薫は?」と聞かれると「薫は嫁1.5です」と答えた。

それを受けてTakaは「嫁1から転げ落ちないように頑張っていきたいです」と言ったあとで、佐藤について「友達でもありますし、同士でもあると思ってますし、僕が嫁なら(佐藤が)夫でもあるし、すごくいい関係で仲良くさせていただいてます」と2人の熱き友情について語った。

シリーズの主題歌を手掛けてきたONE OK ROCKのTaka
シリーズの主題歌を手掛けてきたONE OK ROCKのTaka

最後に佐藤は「これまで一番伝えたかったのは皆さんへの感謝で、ずっと『ありがとうございます』と伝えてきたつもりではいるんですが、いまこの時期になって、ずっと宣伝していたいという気持ちになっていて。だから『ありがとうございます』と言ってしまうと終わっちゃう気がするので嫌だなと。ずっとロングランしててほしいですし、我々もこの気持を途絶えさせることなく、残りの公開期間をできるだけ濃く、過ごしていきたいので、今日は敢えて『また、お会いしましょう。今後ともよろしくお願いします』で締めさせていただきます」と力強く締めくくった。

このあとの第二部では、「The Final」舞台挨拶が開催され、神木隆之介が登壇する。

取材・文/山崎伸子

関連作品