『白蛇伝』から「ふたりはプリキュア」まで新旧名作アニメが登場。”仕事人”の想い交わる『ハケンアニメ!』特別映像が限定公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『白蛇伝』から「ふたりはプリキュア」まで新旧名作アニメが登場。”仕事人”の想い交わる『ハケンアニメ!』特別映像が限定公開

映画ニュース 2022/5/3 21:30

『白蛇伝』から「ふたりはプリキュア」まで新旧名作アニメが登場。”仕事人”の想い交わる『ハケンアニメ!』特別映像が限定公開

吉岡里帆が主演を務め、直木賞作家の辻村深月が手掛けた同名小説を実写映画化した『ハケンアニメ!』(5月20日公開)。日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号(=ハケン)を手にすべく奮闘する者たちの姿を描く本作から、このたびアニメ作りに愛と情熱を注ぐ“仕事人”たちの想いが交錯する特別映像が6月30日(木)までの期間限定で公開された。

連続アニメで夢の監督デビューが決定した新人監督の斎藤瞳(吉岡)だったが、気合いが空振りして制作現場には早くも暗雲が立ち込める。そんな彼女を大抜擢してくれたプロデューサーの行城理(柄本佑)はビジネス最優先で瞳にとって最大のストレスメーカー。瞳は一筋縄じゃいかないスタッフや声優たちを巻き込み、熱い想いをぶつけ合いながら、憧れでもあり最大のライバルでもある天才監督・王子千晴(中村倫也)の復帰作と“ハケン”を争う戦いを繰り広げていくことに。

このたび解禁された特別映像は「アニメは世界を変える編」と題され、新旧名作アニメの映像が次々と登場。日本初の長編カラーアニメ映画として知られる『白蛇伝』(58)をはじめ、『わんぱく王子の大蛇退治』(63)や『長靴をはいた猫』(69)、高畑勲監督が手掛けた『太陽の王子 ホルスの大冒険』(68)。さらには「一休さん」や「おジャ魔女どれみ」「ふたりはプリキュア」に至るまで、東映動画から東映アニメーションへ脈々と受け継がれる名作たちが、“アニメがもたらす奇跡”を体現していく。

また「誰かの胸に刺さってくれればいい」という一心でアニメ作りに没頭する主人公の瞳をはじめ、劇中に登場するアニメ作りを支える様々な職種の人物たちも登場。産みの苦しみと戦う王子や、後悔のない作品を届けるために頭を下げるプロデューサーの香屋子(尾野真千子)、アニメーターの和奈(小野花梨)にアイドル的人気声優の葵(高野麻里佳)にいたるまで。立場も経験も違えど、それぞれに信念とプライドを持ってアニメ作りに挑む彼らの姿が、きっと胸に“刺さる”ことだろう。本作の公開まで、ますます期待は高まるばかりだ。

文/久保田 和馬

関連作品

  • ハケンアニメ!

    4.3
    554
    アニメ業界の制作現場を舞台に主人公達が奮闘する姿を描くお仕事ヒューマンドラマ