乃木坂46の新曲が主題歌!「ここさけ」本予告が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/9/1 12:24

乃木坂46の新曲が主題歌!「ここさけ」本予告が解禁

「あの花」の通称で呼ばれ、“大人が泣ける”アニメとして話題を集めた『劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(13)のスタッフが再集結を果たしたオリジナル新作の劇場アニメ『心が叫びたがってるんだ。』(通称「ここさけ」)が9月19日(土)より公開。この度、主題歌として決定した乃木坂46の新曲「今、話したい誰かがいる」も流れる待望の本予告が解禁された。

【写真を見る】昨日初披露された、乃木坂46の13枚目のシングルで白石&西野のWセンター曲「今、話したい誰かがいる」が主題歌に
【写真を見る】昨日初披露された、乃木坂46の13枚目のシングルで白石&西野のWセンター曲「今、話したい誰かがいる」が主題歌に

何気ないお喋りが原因で家族がバラバラになってしまった過去を持つ高校2年生の少女、順。言葉を封印された彼女は、突然「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、クラスメイトたちと共にミュージカルに挑戦することに…。本作はそんな高校生たちの姿を描き、誰もが共感できるエピソードがつめ込まれた、“泣ける”青春ドラマだ。

予告にも使用されているように、本作の主題歌には白石麻衣と西野七瀬がダブルセンターを務める乃木坂46の新曲「今、話したい誰かがいる」(10月28日(水)発売)が決定。この楽曲は、8月31日に東京・明治神宮野球場で開催された「真夏の全国ツアー2015」のファイナル公演で発表された、秋元康による完全書き下ろし楽曲だ。

主題歌決定について西野は、「冒頭の歌詞にある『1人でいるのが、1番楽だった』というフレーズが、自分やまいやん(白石麻衣)と重ね合わせ、共通する部分だと感じました。とにかく乃木坂46らしい楽曲になったと思います。映画『心が叫びたがってるんだ。』と共に、たくさんの人に聴いてもらえると嬉しいです!」とコメント。

西野と共にセンターを務める白石は、「私達の新曲『今、話したい誰かがいる』は、ピアノから入るイントロやサビに向かってメロディが元気になる所など、乃木坂46らしい楽曲に仕上がったと思います。そしてストーリーが読み取れるリアルな歌詞が、映画『心が叫びたがってるんだ。』とまさにリンクしていると感じました。映画と共に大ヒットを目指します!」と意気込みを語っている。

また、予告では、ベートーヴェンの「悲愴」のメロディをクラムボンのミトが編曲・演奏し、本作で脚本を務める岡田麿里が作詞した劇中歌「心が叫びだす」も流れ、短い映像ながらも観る者の心をぐっと掴む仕上がりとなっている。果たして本編ではどのような音楽やドラマが展開するのか、期待が高まる!【Movie Walker】


関連作品