天晴れ名騎手|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天晴れ名騎手

1929年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジェラルド・ポーモン氏が得意とした競馬小説を映画化したもので、エドワード・クラーク氏が改作したものに基づきポール・ガンジェリン氏とフェイス・トーマス女史とが協力して撮影台本を執筆し、「電波王」と同じくロバート・エフ・ヒル氏が監督したものである。主役は「紅い唇(1928)」「南京豆王子」のマリアン・ニクソン嬢と「春爛漫」のリチャード・ウォーリング氏との2人で、これを助けて「情熱の砂漠」のメアリー・ノーラン嬢、「最後の警告」のモンタギュー・ラヴ氏、「笑う男」のサム・ド・グラッス氏、オーティス・ハーラン氏が出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

八百長競馬の不正な金儲けを常習している競馬組合の巨魁モリシーはヴァージニア州のキャルーン家で、秘蔵の名馬レディー・カレージャスを教調している若い騎手ジョニー・ルペンサーを見出し、これを種に一儲けしようとキャルーン夫人を説伏してジョニーをニューヨークに連れて行った。夫人の愛嬢メアリーはかねてからジョニーに恋していたが愛馬熱と功名心とに馳られていたジョニーは彼女の心などはさして深く考えようともしなかった。ニューヨークに出たジョニーは4つの競馬に勝ち続け売出して行ったが、モリシーは妖婦シビルを囮につかい、色仕掛けで人のいいジョニーを蕩し込み、5回目の競馬に八百長をうたせる。がこれが直ちに審判官に見破られジョニーは騎手の資格を剥奪された。彼は次でモリシーやシビルが大金をせしめてキューバへ高飛びしたことを知り欺かれたことを始めて覚ったけれども今は遅く浮浪人同様に成り下がってしまう。一方キャルーン夫人は持馬レディー・カレージャスを全国大競馬に出そうと新しい騎手エリスを雇って教調に怠りなかったがジョニー去って後の馬には昔日の意気がなかった。その家の老僕ジミーはこれを心配しジョニーを探し公園でビラまきをしていた彼を見付け連れ帰って馬を教調させた。が、これを知ったキャルーン夫人は未だ彼に対する怒が解けていないで彼を解雇してしまう。全国大競馬の当日、エリスが負傷して出馬不可能となったので、メェリーは百万奔走してジョニーを代理騎手として出場せしめるように取り計らった。ジョニーは再び一味の悪計と脅迫とに遭遇したが、よくそれを切り抜けて、競馬に第1等を占めるのである。メェリーとジョニーの恋の成立したことは言うまでもなかろう。

作品データ

原題
Silks and Saddles
製作年
1929年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル・ジウエル映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?