幕末美少年録 会津の決死隊:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
幕末美少年録 会津の決死隊
幕末美少年録 会津の決死隊

幕末美少年録 会津の決死隊

1959年1月22日公開,63分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

尾形十三雄の脚本を、「金獅子紋ゆくところ 魔境の秘密」のコンビ伊賀山正光が監督、杉田正二が撮影した浪曲映画。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

破竹の勢いを誇る官軍を迎え討つ会津藩は、落城の運命を明日に控え、藩内には女、子供しか残っていなかった。会津藩には十五歳以下と六十歳以上の者は出陣できぬ掟があったが、ついに老人組も出陣した。しかし城を包囲された会津藩は、少年隊長、立野敬四郎の進言で十三歳以上の少年に限り出陣させることにした。血気にはやる少年隊は歓声をあげた。十二歳の鼓笛手、神崎房之助は参加できなかったが、彼の姉、娘子隊長の光枝と母の秋乃の嘆願で敬四郎のもとについて出陣できることになった。落城は時の問題となった。城主・丹波右京太夫長友は、やがて子を生む奥方の体を気づかい、少数の家臣と房之助の母娘ら付人とともに里方へ送ったが城外は官軍で埋まり度々危機に瀕した。一方、少年隊は、隊長・松下五郎配下の優秀な官軍砲隊と激突、その数は半分に減った。敬四郎の号令で彼らは玉砕を期して突撃したが屍は増すばかり。房之助も深傷を負いつつ官軍隊長・松下に斬りかかっていくが、ついに倒れた。かけつけた秋乃と光枝に見まもられて少年は死んだ。城もすでに落ちた。荒れはてた戦場に立って松下五郎は、房之助ら少年決死隊の墓標に頭を垂れた。

作品データ

原題
Young Loyalists
製作年
1959年
製作国
日本
上映時間
63分
製作会社
東映京都

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?