トワイライト 初恋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トワイライト 初恋

2009年4月4日公開,122分
  • 上映館を探す

人間とバンパイアの禁断の恋を描いたベストセラー小説をハリウッド期待の若手2人を主演に迎えて映画化。ロバート・パティンソンが魅力的な吸血鬼をスマートに演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

母親の再婚を機に、父親の住む田舎町へ越してきた少女ベラ。新しい環境に溶け込めない彼女は不思議な雰囲気を持った青年エドワードと知り合う。やがて、彼が吸血鬼だとわかるが、その恋心はよりいっそう燃え上がる。

作品データ

原題
Twilight
製作年
2008年
製作国
アメリカ
配給
アスミック・エース=角川エンタテインメント
上映時間
122分

[c]2008 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.2
  • rikoriko2255

    やまひで

    2.0
    2013/4/5

     本作は、吸血鬼界と人間界とに隔断されている二人エドワードとベラことイザベラの、ロメオとジュリエットの恋物語にもまさる、永遠(とわ)を賭けたティーニー・ラブ・ロマンスである。 吸血鬼物としては、内容的には別に何も目新しいものを提供するものではないが、エドワードとその、パッチワーク一族は、人間の血を吸うことを自らの意志で拒む、そして、そこに克己の徳を自らに課している点で興味深い。これは、謂わば自己存在の「肉欲」を自制していることにもなるが、そのことをまた彼らが、「ヴェジタリアン」と自称しているところは、原作者のウィットでもあろう。 さて、いつからか、どんな理由でかは知らないが、性の自由主義に対抗して、婚前交渉を拒みながら結婚にゴール・インしようという「清純主義」の若者たちがここ何年か前から増えているという。この点を思うと、これは、上述のエドワードの自己抑制の態度と似ており、実際映画の中でも、恥じらいながらのファースト・キスの後、むしろ積極的なベラに対して、その誘惑に負けずに自ら「Stop!」を掛けたのは、エドワードであったのも、注目すべき点であろう。この意味で、本作、時代の流れをうまく衝いたことがそのヒットの原因ではないかと密かに察するものである。 スタッフの顔ぶれを見ると、本作では、女性が要所を占めているのが興味深い。まずは、監督がCatherine Hardwicke、脚本がMelissa Rosenberg、同名の原作はもちろん女性作家のStephenie Meyerである。さらに、キャスティングであるが、ツンデレ役で、好奇心の強いベラ役にKristen Stewartを、どこかにインテリジェントでシャイなところを見せながらも野性的な魅力を持つエドワード役にRobert Pattinsonを、少々とんでるピッチャーのアリス役にAshley Greeneをと、その他の役柄でもその妙が冴えている。調べてみると、Deborah AquilaとTricia Woodの女性のお二人である。 という訳で、本作、名作とは言えないまでも、その後の『トワイライト・サーガ』の礎石を築いた作品として、また、2000年代のある社会傾向を反映したものとして、映画史の一項目となる作品になったことは間違いないであろう。 追記: 映画の中盤で、エドワードとベラとが交わす会話は、ひょっとして後世に残る名言かもしれない。 エドワード:そんなにも獅子は子羊との恋に落ちた。 ベラ:なんてお馬鹿さんな子羊! エドワード:なんて病に冒された、マゾヒスティックな獅子!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ma_maru

    4.0
    2012/3/4

    全世界で4200万人の乙女心を釘付けにして離さない、 トワイライト 初恋。 アラフォー男がそんなものを観て楽しめるかどうか全くわかりません でしたが、観る機会がありチャレンジしました… 鑑賞結果、面白い! 喰わず嫌いは良くないな、と実感。 「ビバリーヒルズ青春白書」と「ファンタスティック・フォー」と 「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」を足して3で割ったような、 ハリウッド映画の美味しい部分が凝縮されたような案配。 さらに、人間と吸血鬼の恋、ということからくる、 「禁断の」とか「秘められた」というキーワードで燃え上がります。 また、主人公のクリステン・スチュワートのキャラクターの良さが光る。 自分の考えを一切曲げない頑固さを持ちながらシャイで一途、 という真っ直ぐな女性像を表現していて、これは誰もが好感持て、 普遍的なヒロイン像なのではないか、と感じました。 また、ヴァンパイア役のロバート・パティンソンの色白振りも凄いし、 最大の特徴は、何といっても、強烈なプラトニック設定。 欧米の性といえば、情熱があればいつでも1つになれる、というような 勝手なイメージがあったのですが、そんな妄想を吹き飛ばすほどの純愛。 禁断、純愛、青春、一途、超能力、などのキーワードで、 否が応でも盛り上がる要素が詰まって、女子ならずともおっさんまでもを 巻き込む熱量の多さに感服。楽しいです。 1つだけ。 こんなに高評価になった理由には、期待を全くしていなかった、 という状況があります。何の気なしに、がポイント。 これを待ちに待って、一日千秋の思いで観たとしたら、 全く違った印象になったのだと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2009/3/24

    凄いブームですよね。 女の子なら誰でもうっとりトワイライトな世界に浸る・・と散々前評判聞かされての鑑賞。 嗚呼・・そうね。そうでしょうね。 そりゃあ、女の子には堪らないシチュエーションに待遇。 この世の物とは思えないような美青年にロバートってどうなの・・って意見も有ったけど、そうね。ただ綺麗なだけじゃなく、眼力も必要だものね。そう言う意味では合うってるかも・・ でも、原住民マニアの私には、森に消えて行く監視役の「オオカミ」な彼が魅力的♪ で、何よりも、突然の娘との生活に戸惑うパパがとっても魅力的だったんだなぁ♪ 役に立たなくても、防犯スプレーの出番も有って嬉しかったわ♪ 原作読んで下準備してから鑑賞・・には向かないようです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2009/3/16

    バンパイアというからもっとグロイものが出てくるのかと思ったけど、そうでもなかった~ぁ。 2人の出会いは、なんか最初エドワードが口鼻に手を当てベラのことを気持ち悪いとでも言うかのようなものだったので、どうなるのかと思っちゃいましたよ。 ベラは彼に惹かれ、エドワードがバンパイアであることを知るんだけど、たまたま好きになった人がバンパイアだったって感じで..........。 あるあるそういうのって!! エドワードがバンパイアのできることをせるんだけど、ジャンパーのような瞬間移動のような場面もあり、移動が気持ちよかったぁ。 景色いいし、映像もきれいで............。 あとエドワード一家はみんな真白な顔をして顔色悪いんだけど、お父さんは特に、超真っ白でしたよ。 吸血鬼って人の血を吸う悪いイメージがあるけど、エドワードのようなバンパイアもいるんだって思っちゃいました。 もちろん、人間の血を吸う悪いバンパイアも登場してました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告