さくら、さくら サムライ化学者 高峰譲吉の生涯:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
さくら、さくら サムライ化学者 高峰譲吉の生涯

さくら、さくら サムライ化学者 高峰譲吉の生涯

2011年3月5日公開、133分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

明治時代に渡米し、世界で初めてアドレナリンの結晶化に成功するなど、化学者として活躍するかたわら、日米の民間外交に尽力した高峰譲吉の伝記ストーリー。国際結婚が珍しかった当時、多くの苦難を乗り越えて支え合ったアメリカ人妻との愛も感動的に描かれる。単身ハリウッドに渡り苦労した経験をもつ加藤雅也が主人公を熱演。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

さくら、さくら サムライ化学者 高峰譲吉の生涯

予告編

2011/1/25(火)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

富山県で代々続く医者の家に生まれた高峰譲吉。1883年、イギリス留学から帰国した彼は家業を継がずに、化学者となって研究に没頭する。翌年、30歳になった譲吉はニューオーリンズを訪れ、12歳年下の白人女性キャロライン・ヒッチと運命の出会いを果たす。しかし、2人の結婚生活には、数々の困難が待ち受けていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
アステア
上映時間
133分
製作会社
2010「さくら、さくら」製作委員会

[c]2010「さくら、さくら」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?