エレファント・ソング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エレファント・ソング

2015年6月6日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

監督作「Mommy/マミー」がカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞するなど、映画監督・俳優として注目を集めるグザヴィエ・ドランが主演したドラマ。精神病院で起きた医師の失踪事件を巡り、入院患者の青年と病院長が緊迫した心理戦を繰り広げる。共演は「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のブルース・グリーンウッド。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マイケル(グザヴィエ・ドラン)は美しい青年だった。14歳の時、オペラ歌手である母が目の前で自殺し、それから現在まで精神病院に入院している。病院で一番の問題児とされている彼は、ゾウにまつわるあらゆることに異常なまでの執着を示した。ある日、担当医のローレンスが失踪。手がかりを知るのはマイケルだけ。彼のことをよく知る看護師長ピーターソン(キャサリン・キーナー)は“マイケルは茶化すだけで真実を話さない”と助言するが、院長のグリーン(ブルース・グリーンウッド)は事情聴取を試みる。すると、話をする代わりに、と彼は条件を提示してきた。それは、“1.僕のカルテを読まないこと。”、“2.ご褒美にチョコレートをくれることを約束すること。”、“3.看護師長をこの件から外すこと。”グリーンはその条件を承諾するが、マイケルはゾウやオペラについての無駄話で話をそらすばかり。“母を殺した”、“ローレンス医師から性的虐待を受けていた”など、嘘か本当かわからないようなことを仄めかす。いつしかグリーンは、マイケルの巧妙な罠に取り込まれてゆくが……。

作品データ

原題
ELEPHANT SONG
製作年
2014年
製作国
カナダ
配給
アップリンク
上映時間
100分

[c]Sebastien Raymond [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    4.0
    2015/6/10

    私達は騙されている。 マイケルの巧妙な罠に。 たった一つの目的のために利用されている。 イラつかせ、信じ込ませ、優位に立つための取引・・と思い込ませ、切り札である自分の秘密を守る為。 それを渡しちゃいけないんじゃないかな・・と思った。でも真実を知りたいグリーン院長は気が付かない。 愛娘を亡くした情景と重なる。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告