鉄路の猛者:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
鉄路の猛者
鉄路の猛者

鉄路の猛者

1923年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヴァイタグラフ社からユニヴァーサル社に移ったウィリアム・ダンカン氏の第一回連続映画で、原作及び脚色はポール・ブライアン氏とジョージ・プリンプトン氏の合作に成り、ダンカン氏自身監督の任に当たったもの。氏の相手は令閨エディス・ジョンソン嬢である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

加州氏サン・マルコ谷へ鉄道を敷設せんとするジョン・アームストロング大佐は反対会社の社長マーク・ゼイベルの悪策を恐れ、当時有名な鉄道建設技師ブルース・ボイドを招聘する。ボイドはゼイベル一味を向こうに廻し、アームストロング大佐の娘ジュディスと共に危難を冒して奮闘する。斯くして大活劇の幕は切って落とされた。

作品データ

原題
The Steel Trail
製作年
1923年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル支社
上映時間
0分
製作会社
ユニヴァーサル連続映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?