迅雷列車:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
迅雷列車
迅雷列車

迅雷列車

1924年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウィリアム・ダンカン、ユ社入社後第2回作品で、内容は前作品「鉄路の猛者」やその他ヴァイタグラフ社当時と同様の鉄道活劇である。「サタデー・イヴニング・ポスト」などに連載小説を書いているコートニー・ライリー・クーパー原作の「混線電話」に題材を得たもので、相手役は例によってダンカン夫人、エディス・ジョンソンである。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

牧場主であり資本家であるブレント・マクアダムスはサミット・エイア鉄道会社の社長となったが、悪支配人クリストファー・ラングリーの奸手段によって社運は危機に瀕する。おりから同じく彼のために兄を陥れらんとしている美人ルシール・ワースと協力したブレントは悪人一味を相手として猛闘乱闘の大活躍を開始し、遂に彼等に打ち勝って鉄道会社の運命を救い、かつまたルシールの兄も救い出して彼女と婚約成立、めでたしめでたしとなる。

作品データ

原題
The Fast Express
製作年
1924年
製作国
アメリカ
上映時間
0分
製作会社
ユニヴァーサル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?