スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

2019年12月20日公開,142分
  • 上映館を探す

1977年から続くSFシリーズ「スター・ウォーズ」完結編。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。一方、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぐレイ。光と闇の戦いは、最終決戦に託される。監督・脚本は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス。エピソード7から出演しているデイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴのほか、エピソード4~6で主演を務めたマーク・ハミル、同6以来の登場となるランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムスらが出演。

伝説は永遠に…完結記念『スター・ウォーズ』特集

豊富なニュースとコラムで「SW」の魅力を再発見 PR

エンタテインメント史に金字塔を打ち立てた人気シリーズが、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(4月29日MovieNEX発売)でついに完結。本特集では、これまでの豊富な記事と新規コラムで「SW」の魅力を再発見!

予告編・関連動画

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カイロ・レン(アダム・ドライバー)は、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となる。一方、類まれなフォースを覚醒させたレイ(デイジー・リドリー)は、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の想いを引き継ぎ、生きる英雄レイア(キャリー・フィッシャー)や天才パイロットのポー・ダメロン(オスカー・アイザック)、元ストームトルーパーのフィン(ジョン・ボイエガ)らわずかなレジスタンスの同志たちとともに立ち上がる。スカイウォーカー家を中心とした壮大なサーガは、光と闇のフォースをめぐる最終決戦に託される……。

作品データ

原題
STAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間
142分

[c]2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.8
  • 門倉カド

    3
    2020/4/14

    【賛否両論チェック】
    賛:レイやレンを中心とした登場人物達の歩みが、最終的に邂逅していく様が、お約束の一大スケールで描かれていくのに圧倒されるよう。特にクライマックスの決戦は必見。
    否:予備知識は絶対必要。お話が非常に都合よく進んでいく感じや、大きすぎるスケールの戦闘シーンにも、好き嫌いは分かれるか。

      一応いつも通り冒頭で流れは説明してくれますが、やはり前作までの知識はあった方がよさそうです。逆に全く知らずに観ても、何が何だかよく分からないまま話が進んで、そのまま終わってしまいそうですね(笑)。
     次第に自分の力や使命を実感し始め、迷いながらも歩みを進め始めるレイや、感情に走りながらも、己の信じる道を貫こうとするカイロ・レン。そして2人を取り巻く人間味溢れるポーやフィンといったキャラクター達も、物語に花を添えています。そしてクライマックスの壮大なスケールの大決戦は、まさしく必見。パルパティーンのファイナル・オーダーに対し、レジスタンスがどんな活躍を見せるのか、ハラハラさせられます。
     ただ、なんとなく渡りに船のような感じで、ピンチになると助けが都合よく現れて、お話がどんどん進んでいく感じは、勿論お約束だとは分かっていても、少しツッコみたくなる気もします(笑)。
     基本的には、歴代のシリーズをご覧になっているファン向けの作品といって、差し支えないと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • けん坊

    4
    2020/2/6

    映画単体としても結構楽しめたが、なんといっても青春を謳歌していた大学生の時に第一作(エピソード4)を見初めて、還暦を過ぎて孫が4人いるお爺ちゃんになって遂に第9話完結編を見終えるという40年に亘る時の流れに感無量だった。
    何だか心の中で一区切りついたスッキリ感と少しばかりの寂しさを胸にシネコンを後にした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • bruxafeliz

    5
    2020/1/15

    S.W.を最初に観に行ったのがアオハル真っ只中、仲間5人で楽しんだことを、この完結編で一気に思い出した。ep1~3ではそんな感傷もなかったが、レイア姫やハン・ソロ、ルークの映像が流れた時、不覚にも泣いてしまった。私のアオハルもこの完結編で終わってしまい、次世代へ受け継がれて行くのだろうと思うと寂しくもあり、ホッとした感もある。できることならその仲間5人で完結編を観たかった。涙で赤くなった目で映画館を出るとき、恥ずかしかった。素敵な完結編、ありがとう!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告