嵐電|MOVIE WALKER PRESS
MENU

嵐電

2019年5月24日公開,114分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

京都市内を走る京福電気鉄道嵐山線、通称“嵐電”を舞台に、三組の男女の姿を綴った物語。鎌倉から来たノンフィクション作家・平岡衛星は、嵐電にまつわる不思議な話の取材を開始。一方、修学旅行の女子学生・北門南天は、地元の少年・有村子午線に恋をする。出演は「止められるか、俺たちを」の井浦新、「菊とギロチン」の大西礼芳。監督は「ゾンからのメッセージ」の鈴木卓爾。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

嵐電

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

京都の嵐電の街。鎌倉からやって来たノンフィクション作家・平岡衛星(井浦新)は、嵐電が走る線路の近くに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話を集める取材を開始する。そこには、衛星と妻・斗麻子(安部聡子)が、かつて嵐電の街で経験した出来事を呼び覚ます目的があった。修学旅行で京都にやって来た青森の女子学生・北門南天(窪瀬環)は、8ミリカメラで嵐電を撮影する地元の少年・有村子午線(石田健太)の姿を目にする。京菓子のマスコットキャラクターをラッピングした“夕子さん電車”を目撃したカップルは幸せになれる、という都市伝説に導かれるように子午線に恋する南天。だが、子午線は“俺は電車だけやねん”と南天に目もくれない。それでも南天は、自身の運命を信じるように、修学旅行の仲間を振り切って、子午線に向かって突き進んでいく。太秦撮影所近くのカフェで働く小倉嘉子(大西礼芳)は、撮影所にランチを届けた際、俳優に京都弁の指導をする事となる。その相手は、東京から来た無名の俳優・吉田譜雨(金井浩人)。台詞の読み合わせを通して、初めての演技を経験した嘉子は、譜雨と擬似的な男女関係を演じる中で、自分でも気づかないうちに譜雨に魅かれていく。“一緒に嵐電に乗って嵐山の河原で台詞の指導をして欲しい”との名目で譜雨が申し出たデートを受け入れる嘉子。嵐電の街に紛れ込み、出られなくなったかのような三組の男女の恋と愛。それぞれの運命が、互いに共振するかのように進んで行く……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ミグラントバーズ(配給協力:マジックアワー)
上映時間
114分

[c]Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とりころーる

    4.0
    2020/1/19

    有名人の出演こそ少ないが、じわじわくる魅力がある。演劇好きにはたまらない作品だ。封切られてかなり時間が経っているのに、客の入りが多く驚いた(東京)。映画を見終わって外に出てきたら、村西透さんのサイン会をやっていて、それにも驚いた。

    違反報告