ひみつの花園(1997)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ひみつの花園(1997)

1997年2月15日公開,83分
  • 上映館を探す

三度のメシより金が好きなOLが、5億円の入ったスーツケースを手に入れるためにあくなき挑戦を繰り広げる姿を描いた爆笑コメディ。監督は「裸足のピクニック」の矢口史靖。脚本は矢口と「裸足のピクニック」の鈴木卓爾の共同。撮影を「ゴジラVSスペースゴジラ」の岸本正広が担当している。主演は「学校の怪談2」の西田尚美。「渚のシンドバッド」に続く“YES(Young Entertainment Square)レーベル”の第2弾として製作された。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼い頃からお金を数えるのが大好きだった咲子は、短大を卒業後、銀行に就職した。これでたくさんのお金に囲まれて幸せな生活が送れると思っていた咲子は、突然の銀行強盗事件に巻き込まれ、人質になってしまう。ところが、彼女を乗せた犯人の車が青木ヶ原の樹海で横転爆発し、咲子は5億円の入ったスーツケースもろとも吹き飛ばされ、樹海の奥深くまで流された。奇跡的に生還を果たし、半年のリハビリを経て仕事に復帰した咲子は、すっかり怠け癖がついてしまい、毎日をのんべんだらりと過ごすようになる。そんなある日、盗まれた5億円が犯人の車と一緒に焼失したと報じていたテレビ・ニュースを見た咲子が、樹海での記憶を甦らせた。5億円は焼失などしておらず、彼女と一緒に川に流され、樹海のどこかに今も眠っている。生きる希望を見つけた彼女は、単独で5億円引き上げ作戦を開始した。銀行を辞め、樹海に詳しい森田教授の指導を受けるために多摩川大学に入学した咲子は、驚くべきバイタリティーを発揮して樹海の地質の勉強に励み、運転免許を取得して、水泳やロック・クライミングなどをマスターしていく。また、生活費がなくなってもくじけず、ランジェリー・パブで働いたり、賞金目当てで出場した水泳大会やロック・クライミングのコンペで優勝したり、彼女の勢いはとどまることを知らない。そして、満を持して樹海へ突入した咲子は、見事に5億円を手に入れた。数日後、そんな彼女の生き生きした姿に好意を寄せていた地質学研究室の江戸川が5億円の行方を尋ねると、彼女は自分だけのひみつの場所にそれを埋めてしまったと答える。あんなに苦労してつかんだ大金をどうして使わないのかと江戸川は呆れるが、すでに彼女は、バミューダ海域に沈んでいるという次なる目標へ向けて走り出そうとしていた。

作品データ

製作年
1997年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
83分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.4
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/8/29

    お金大好きな主人公咲子は勤めていた銀行にやってきた銀行強盗に人質として連れ去られる。車は樹海に逃げるが横転事故、咲子は無事だったが犯人達は死亡、5億円が入ったトランクは湖の底へ。そのお金を手に入れようと奔走する。登場人物皆キャラが立ってて面白い。特に西田尚美演じる主人公は言葉ではなく顔と感嘆詞で感情を表現することが多くとても良い雰囲気。目標がなんだろうとそれに向かって行動するのは素晴らしいしなかなかあそこまで極められるものじゃない。手に入れた瞬間価値が結果から過程に変わったんだろう。良質映画。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告