ぶあいそうな手紙|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ぶあいそうな手紙

2020年7月18日公開,123分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ラテンアメリカの各映画祭で話題を集めたブラジル発の人間ドラマ。ブラジル南部の街。46年前に隣国ウルグアイからやって来た独り暮らしの老人エルネストの元に、一通の手紙が届く。視力の低下したエルネストは、若い女性ビアにその代読を頼むが……。出演は「ウィスキー」のホルヘ・ボラーニ、「僕と未来とブエノスアイレス」のホルヘ・デリア。

フォトギャラリー

ぶあいそうな手紙 画像1
ぶあいそうな手紙 画像2
ぶあいそうな手紙 画像3
ぶあいそうな手紙 画像4
ぶあいそうな手紙 画像5
ぶあいそうな手紙 画像6

予告編・関連動画

ぶあいそうな手紙

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ブラジル南部にあるポルトアレグレの街。46年前に隣国ウルグアイからやって来た78歳のエルネスト(ホルヘ・ボラーニ)は、頑固で融通がきかず、本とうんちくが好きな独り暮らしの老人。ところが、老境を迎えた今は、視力をほとんど失っていた。後はこのまま人生が終わるだけ……。そう思っていた彼の元にある日、一通の手紙が届く。差出人はウルグアイ時代の友人の妻。視力の低下により、手紙を読むことができないエルネストは、偶然知り合った若い女性ビア(ガブリエラ・ポエステル)に代読を依頼する。その代読と返事の代筆を通して、エルネストの部屋にビアが出入りするようになるが……。

作品データ

原題
Aos Olhos de Ernesto
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
ブラジル
配給
ムヴィオラ
上映時間
123分

[c]CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2020/8/4

    昨今ネット上でのやりとりが多くて改まって手紙を書くのは極めて少数派。しかし想いある手紙は相手の気持ちがいたく込められており読む者の心を揺さぶる。

    手紙こそ1つの手段としているがこの話はエルネストとビアの心のやりとりである。年齢も性別も違うし共通することはお金がないことくらいだが、友情の芽が育っていくのは心温まる。

    手紙を書くにしても書物を一つでも読んでいないと文章に厚みが出ないな。ブラジルの下層階級や孤立老人の現実を映像としているがビアが明るく、エルネストがかける音楽が暗くなく、いかにもブラジルらしい。

    隣人や友人の妻、そしてそれぞれの選択が、急な展開で終焉に向かってしまったが、まぁ良しとする。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/7/23

    ピントをずらして、視力をほぼ失っているエルネストの視界を見せているんだな‥上手いな‥

    老いたらどこかしら悪くなってくるけど、視力を失うのは辛いね‥聴力より怖いかな‥
    読書家で、確かな記憶力を持っていて、洞察力も凄い。
    だけど、確信無く攻め立てない。
    試している感は有るけれど、懐に飛び込ませて操る?感じ、何枚も上手で、頼もしい。
    紳士なのよね。
    慎ましやかに生活していても、心は貧しくない。スローペースだけど、キチンと生きている。
    ちゃんと生きて来た人の自信かな・・?
    官邸カメラマンだったんですって。目を酷使して生きて来たはず。目が命の仕事だっただろうし。

    旧知の仲の友人の妻との文通・・って古風なやり取りと、携帯での孫宛てのビデオレターのギャップ。
    恋心をにじましてくる、文通相手とのやり取りは凄く美しいし、一番好きなシーンは、ストリートで詩を朗読する所。
    凄く良い詩だったな‥

    チョイスのセンスが良いし、ビアのファッションも好き。
    ブラジル、良いな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告