やがて海へと届く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
やがて海へと届く
やがて海へと届く
3.6

やがて海へと届く

2022年4月1日公開、126分、ヒューマンドラマ
PG12
  • 上映館を探す
  • みたい
    530
  • みた
    217
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「四月の永い夢」がモスクワ国際映画祭で二冠を達成した中川龍太郎が、彩瀬まるの同名小説を映画化。親友が一人旅に出たまま戻らなくなって5年。大切な思い出を抱えて、愛する友の姿を追って旅に出る真奈。その旅の終わりに待ち受けるものとは……。息ができる場所を探し続けてきた真奈に岸井ゆきの、明るく自由奔放なすみれを浜辺美波、すみれのかつての恋人を杉野遥亮が演じたほか、中崎敏、鶴田真由、中嶋朋子、新谷ゆづみ、光石研などのベテランが集結した。詩人としても活躍する中川監督が瑞々しい感性で編み上げた喪失と再生の物語。

配信で観る

ストーリー

引っ込み思案で自分をうまく出せない真奈は、自由奔放でミステリアスなすみれと出会い親友になる。しかし、すみれは一人旅に出たまま突然いなくなってしまう。あれから5年、真奈はすみれの不在をいまだ受け入れられず、彼女を亡き者として扱う周囲に反発を感じていた。ある日、真奈はすみれのかつての恋人・遠野から彼女が大切にしていたビデオカメラを受け取る。そこには、真奈とすみれが過ごした時間と、知らなかった彼女の秘密が残されていた。真奈はもう一度すみれと向き合うために、彼女が最後に旅した地へと向かう。

予告編・関連動画

やがて海へと届く

本編映像

2022/3/17(木)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2022年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
初公開日
2022年4月1日
上映時間
126分
製作会社
ひかりTV=WIT STUDIO=ビターズ・エンド=日活=ローソンエンタテインメント=Tokyo New Cinema=Filmarks(制作プロダクション:Tokyo New Cinema/アニメーション制作:WIT STUDIO)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会
[c]キネマ旬報社