別動隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

別動隊

1951年7月10日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マーサ・オルブランドのベスト・セラー「真夜中過ぎ」をロバート・ソーレン(「熱血児」)が脚色、「囁きの木蔭」のミッチェル・ライゼンが監督した1950年映画で、製作は「戦乱の花嫁」のリチャード・メイボウム。撮影は「熱砂の秘密」のジョン・サイツ、音楽はヒュウゴオ・フリイドホファ。「密輸空路」のアラン・ラッド、「狐の王子」のワンダ・ヘンドリックスを中心に、「特ダネ女史」のフランシス・レデラー、「ジャングル・ブック(1942)」のジョセフ・カレイア、セリア・ロヴスキイ、アンジェラ・クラーク、ジェーン・ナイらが共演。なお本作品は50年度アカデミー歌曲賞の「モナリザ」を使用。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1944年。北伊太利に降下した米国のOSS(戦略事務局員)ケイリイ大尉(アラン・ラッド)は、戦友とともにド・グレフィ伯爵の古城にたてこもり、パルチザンを仲間に秘密計画を実行していた。ケイリイは城の娘ジュリア(ワンダ・ヘンドリクス)とひそかに恋を語る仲だったが、ある夜裏切者のために城は独軍に占領され、傷を受けたケイリイは気絶したまま九死に一生を得て、故国に帰還することができた。終戦後、彼は街でかつての隠れ家にあった1枚の風景画をみつけ、これをアメリカに持ち出した者こそ裏切者にほかならないと気づいた彼は、直ちに思い出の古城に向かった。ケイリイが傷を受けた時多くのパルチザンが独軍に殺されたので、村人たちは深く彼を恨んでいたが、彼が真相を調べに来たことを知ると次第に軟化する者も出てきた。古城へ行ったケイリイは、死んだと思ったジュリアがまだ生きていて、ド・グレフィ男爵(フランシス・レデラー)の妻になっていることを知った。彼女の嘆願で、ケイリイは裏切者の調査を始めたが、事件の鍵を握る者は次々に惨殺され、ケイリイ自身も警察から狙われる身になった。ある夜男爵からジュリアが裏切者だと聞かされたケイリイは彼女を詰りに古城へ乗り込み、そこでかえって男爵こそ裏切者であった証拠をつかみ、大乱闘の末、彼を殺した。村人の称讃のうちに、ケイリイとジュリアには明るい未来が開けるのであった。

作品データ

原題
Captain Carey U.S.A
製作年
1950年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?