もしも徳川家康が総理大臣になったら:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
もしも徳川家康が総理大臣になったら
もしも徳川家康が総理大臣になったら
-

もしも徳川家康が総理大臣になったら

2024年7月26日公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    1,560
  • みた
    2
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2021年に出版され、大ヒットを記録した同名ビジネス小説を映画化。監督は『のだめカンタービレ』の武内英樹、脚本は『翔んで埼玉』の徳永友一が担当する。テレビ記者を『サイレントラブ』の浜辺美波、坂本龍馬を『思い、思われ、ふり、ふられ』の赤楚衛二、徳川家康を『七つの会議』の野村萬斎が演じるほか、GACKT、竹中直人、高嶋政宏、江口のりこ、観月ありさ、小手伸也らが脇を固める。

ストーリー

2020年、コロナ禍で日常を奪われた日本。首相官邸でクラスターが発生し、総理大臣が急死してしまう。そこで政府は最終手段として、AIホログラムにより歴史上の偉人たちを復活させ、総理大臣に徳川家康、官房長官に坂本龍馬といった夢のような内閣を作る。圧倒的なカリスマ性と実行力に日本中が騒ぐなか、女子アナ志望のテレビ局員、西村理沙はスクープを取ろうと政府のスポークスマンである坂本龍馬に近づくが、黒い思惑に気付いてしまう。

予告編・関連動画

もしも徳川家康が総理大臣になったら

予告編

2024/5/31(金)更新

チケットby MOVIE WALKER STORE

販売終了 2024/7/25(木)
一般 ¥1500

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2024年
製作国
日本
配給
東宝
初公開日
2024年7月26日
製作会社
東宝=サンマーク出版=トライストーン・エンタテイメント=ローソングループ 秋田書店=クオラス=ニッポン放送(制作プロダクション:TOHO スタジオ)

[c]2024「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作委員会
[c]キネマ旬報社