幻の女(1944)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

幻の女(1944)

1944年公開,87分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「レベッカ」の脚色者ジョーン・ハリソンの製作になる1944年度作品でウィリアム・アイリッシュの同名の探偵小説から、バーナード・C・ショーエンフェルドが脚色、「容疑者(1944)」のロバート・シオドマクが監督に当たった。撮影は「ドン・ファンの冒険」のウディ・ブレデル、音楽は「夜の悪魔」のハンス・J・サルター。「熱砂の秘密」のフランチョット・トーン、「駆潜艇K-225」のエラ・レインズ、「目撃者(1936)」のアラン・カーティスを中心に「星は輝く」のトーマス・ゴメス、フェイ・ヘレム、アウロラらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

妻と言い争ってアパートを飛び出したスコット・ヘンダーソン(アラン・カーティス)はバーで異様な帽子を冠った若い女(フェイ・ヘレム)と会い、名も名乗り合わずにショーを見物しに行き、ひとりアパートに戻ると妻が絞殺されていた。警部バージェス(トーマス・ゴメス)は反証のないまま彼を検挙し、すべての証人はその夜ヘンダーソンが1人でいたと証言したので、彼は死刑の宣告を受けた。彼の秘書キャロル・リッチマン(エラ・レインズ)は帽子の女さえ探し出せばヘンダーソンの無罪が証明されると、各所を飛びまわって証拠を集めた。バージェス警部もこれを助けたが、真犯人であるヘンダーソンの親友ジャック・マーロウ(フランショット・トーン)は彼女を援助するとみせかけながら常に先回りして証拠を消して回った。キャロルは、帽子の主がアン・テリーという狂女であることをつきとめ、マーロウと共にそれを獲得しに出かけたが、帰途、彼女は始めてマーロウの狂的な本性を知り、危機一髪のところで、急をきいて駆け付けたバージェスに救われた。マーロウは天才の妄想を抱いたまま自滅し、キャロルは晴れてヘンダーソンと結婚することになった。

作品データ

原題
Phantom Lady
製作年
1944年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?