木村拓哉×長澤まさみのバディ再び!東野圭吾の人気作「マスカレード・ナイト」映画化|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/11/18 5:00

木村拓哉×長澤まさみのバディ再び!東野圭吾の人気作「マスカレード・ナイト」映画化

木村拓哉が主演、長澤まさみがヒロインを務め、東野圭吾の大人気シリーズを実写映画化した『マスカレード・ホテル』(19)。46.4億円の大ヒットを記録した同作の続編となる『マスカレード・ナイト』(2021年9月17日公開)の製作が決定した。

【写真を見る】原作は累計発行部数445万部突破の東野圭吾「マスカレード」シリーズの第三作目
【写真を見る】原作は累計発行部数445万部突破の東野圭吾「マスカレード」シリーズの第三作目[c]東野圭吾/集英社

累計発行部数445万部を突破した東野の「マスカレード」シリーズの第三作目を原作とする本作。前作と同じくホテル・コルテシア東京を舞台に、警視庁捜査一課の新田浩介(木村)と優秀なホテルマンの山岸尚美(長澤)が、ホテルの利用客を相手に再び難事件に挑む。警視庁に「女性殺人事件の犯人がホテル・コルテシア東京の仮装で行うカウントダウンパーティー“マスカレード・ナイト”の会場に現われる」との密告状が届き、再び新田がホテルマンの“仮面”を被り潜入捜査することに。

”犯人逮捕を第一優先”に掲げる刑事を演じた木村は、「同じ舞台といえども、また違う内容で新たに作品を構築していく楽しみがありますし、同時にプレッシャーでもあります」とコメント。また”お客様が第一優先”のコンシェルジェに扮した長澤は「しっかりホテルマンとしての仕事をつとめ、落ち着いて、丁寧に演じられたらなと思っております」と続編への想いを語っている。

仮装パーティの参加者は500人。刻々とタイムリミットが迫るなか、新田と山岸は顔を隠した正体不明者の中から凶悪な殺人犯を見つけることはできるのか?真逆のポリシーを持つ異色バディの活躍に期待しよう。

関連作品