アラフェスの裏側に迫る!「ARASHI’s Diary」第18話、第19話&第20話の配信日決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/11/19 17:00

アラフェスの裏側に迫る!「ARASHI’s Diary」第18話、第19話&第20話の配信日決定

CDデビューから21年間トップアイドルとして走り続け、“2020年いっぱいでの活動休止”を発表してもなお精力的に活動を続ける”嵐”の日常をつづるNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」。最新話となる第18話が11月20日(金)17時より配信、そして第19話と第20話が11月30日(月)17時より同時配信されることが決定し、予告編が解禁された。

本シリーズでは、チャレンジし続ける相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔の疾走感あふれる日常を、全世界に向け発信している。第18話「11月3日へ」では、最新オリジナルアルバム『This is 嵐』のリリースや「アラフェス2020 at 国立競技場」のライブPart1&Part2の配信など、嵐のデビュー日である11月3日をより特別な日にするべく全力でこの日に向かう5人の姿を追う。タイトル決めからジャケットの撮影まで着々とニューアルバムの製作を進めるかたわら、同時進行で「アラフェス2020〜」の準備と、連日怒涛のスケジュールをこなしていく嵐。総合演出にあたる松本、Rapを作成する櫻井など5人のクリエイティブ面での役割にフォーカスが当てられ、とりわけ大野の図解しながらの振り付け創作風景に引き込まれる濃密の内容となっている。

第19話「NINO’s Diary」では、二宮が“嵐の二宮和也”となり、今に至るまでが独自の切り口で描かれる。自らの運転で生まれ育った地元を巡り、当時の情景をナビゲートする様子や、作詞作曲、編曲、演奏までを一人で手掛ける彼の楽曲制作についても取り上げ、その才能にも迫る。「僕は二宮和也」という本人ナレーションによる導入から“二宮節”が炸裂し、彼の個性や想いが伝わるソロエピソードとなっている。

第20話「7年振りの国立競技場」では、「アラフェス2020 at 国立競技場」でのそれぞれ内容の違う2つのライブとそのリハーサル、本番収録に密着する。本番収録のオープニングの舞台袖で硬く握手を交わす様子や、国立ならではの光景を感慨深げに見つめる5人の印象的な横顔が切り取られている。演出を一手に担う松本の妥協を許さない姿勢も活写されているほか、事前収録に向かう心境や配信をファンと一緒に見届けての心情など、すでに“次”を見据える5人の決意も明かされる。

“嵐のエンターテインメント”がどれほどの覚悟と思いで作られているか?の舞台裏やメンバーの素顔にフォーカスした最新3話。まだまだ加速する嵐から目が離せない。

文/足立美由紀