滝藤賢一、中村獅童らが再び参戦!『孤狼の血 LEVEL2』追加キャスト発表|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/3 7:00

滝藤賢一、中村獅童らが再び参戦!『孤狼の血 LEVEL2』追加キャスト発表

広島の架空都市の呉原を舞台に暴力組織と警察の攻防を描いた『孤狼の血』(18)の続編『孤狼の血 LEVEL2』。8月20日(金)に公開される本作の追加キャストとして、滝藤賢一、中村獅童、音尾琢真、矢島健一の出演が明らかになった。

前作から3年が経過した呉原では、今は亡き大上刑事(役所広司)の遺志を受け継いだ日岡(松坂桃李)が、刑事の権力で暴力組織を取り仕切っていたが、出所してきた一人の“悪魔”によって事態は急転していく。白石和彌監督が再びメガホンをとり、完全オリジナルストーリーが描かれる本作のキャストは既に松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、早乙女太一、斎藤工、吉田鋼太郎といった面々が発表されていた。

このたび、追加されたのは主演の松坂同様に前作からの続投となる滝藤、中村、音尾、矢島の4人。滝藤が演じるのは、ある事件の捜査本部で指揮を執る管理官の嵯峨大輔。監察官だった前作では、部下である日岡の裏切りでその地位を失いそうになるなど、因縁の間柄の2人がどう絡んでいくのか注目したい。中村が演じるのは前作で大上の違法捜査を取材し、今回は日岡に密着する安芸新聞記者の高坂隆文。前作にはなかった松坂との共演シーンがあり「熱量のある芝居が出来た」と振り返る中村の熱演も見逃せない。

音尾は、身体のとある部分に真珠を入れ込んで暴れまわる姿が前作で印象的だった、広島仁正会加古村組の吉田滋を演じる。今回の吉田は広島仁正会とつながる企業である“パールエンタープライズ”の社長として、前作と180度違った出で立ちで登場する。

そして、日岡らクセ者揃いの刑事たちを取りまとめる呉原東署刑事二課暴力班捜査係係長の友竹啓二を矢島が演じる。前作に続く、マル暴のトップに扮した本作の撮影について、「クソ元気な若い乱暴者が山ほどいて、白石監督の変態オヤジぶりがパワーアップしてもう大変な賑やかさでした」と語っている。

前作に続く個性派俳優陣の参戦で期待が高まるが、まだすべてのキャストが発表されていない本作。これからどんな顔ぶれが加わるのか、さらなる続報を楽しみに待とう。

関連作品

  • 孤狼の血 LEVEL2

    -
    90
    柚月裕子原作の小説を映画化した白石和彌監督の『孤狼の血』から3年後を描いた続編