新田真剣佑、三浦春馬との共演作『ブレイブ -群青戦記-』の初日舞台挨拶で目をうるませる|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/3/12 21:25

新田真剣佑、三浦春馬との共演作『ブレイブ -群青戦記-』の初日舞台挨拶で目をうるませる

新田真剣佑主演のアクション超大作『ブレイブ -群青戦記-』の初日舞台挨拶が、3月12日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、新田、山崎紘菜、鈴木伸之(劇団EXILE)、渡邊圭祐、松山ケンイチ、本広克行監督が登壇。新田は「僕にとって、一生忘れることのない作品になりました。すごく勇気づけられると思います」と言ったあと、共演した亡き三浦春馬を思ってか言葉を詰まらせ、「役者1人1人が本気で挑みました。ぜひ、勇気づけられてください」と目をうるませて語った。

本作は週刊ヤングジャンプの人気コミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を実写映画化した話題作。高校生アスリートたちが、戦国時代にタイムスリップし、仲間を守るために、戦国武士たちとの生死を賭けた戦いに挑む。

撮影を振り返った新田真剣佑たち
撮影を振り返った新田真剣佑たち

撮影の思い出を聞かれた新田は「楽しかったです。朝も早くて寒かったけど、そんなことを忘れさせてくれるくらい現場の雰囲気が良くて、みんなずっと笑顔でしたよね」と共演者たちとうなずき合った。

ヒロインを務めた山崎も「学生時代の記憶を思い出すと、いつも体のなかに温かいものが巡って笑顔になるけど、『ブレイブ』の撮影はまさにそういうもので、思い出すと勇気をくれるような日々でした」と充実感を口にした。

鈴木も「毎日温かいごはんが現場で出たんですが、それを食べられるのが毎日楽しみでした。また、みんなでごはんに行ったりしてわちゃわちゃしてました」と笑顔で語った。

そんな新田たちを横目に、新田立ち高校生と敵対する織田信長役の松山は「僕は皆さんと一緒にはしゃいだ思い出も、一緒にごはんを食べた思い出もないです。真剣佑くんと最初に話したのも、ラストシーンだったんじゃないかなと。衣装合わせの時に監督から『しめてください』と言われ、しゃべらないほうがいいんだなと思ったので、一切しゃべってないんです」とコメント。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

新田は「唯一しゃべってないのは松山さんだけです。そういうのがあったのか…。やっぱりと思えるくらいトゲトゲのオーラがありました。まだ怖いです」と言うと、松山は「なんで?」とツッコむ。

新田は「撮影外でも、本当に織田信長のキャラクターどおりで、非常に話しかけにくかったです。だから僕からは一度も話しかけなかったです」と言うと、松山は「初日がラストシーンだってこともあったので、なかなかピリピリしてたかなと」と言いながら「もっと話したかったんだけど」と苦笑いした。

取材・文/山崎伸子

関連作品