嵐の初ライブ・フィルム『ARASHI 5×20 FILM』が上海国際映画祭にて上映決定!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
嵐の初ライブ・フィルム『ARASHI 5×20 FILM』が上海国際映画祭にて上映決定!

映画ニュース 2021/5/23 8:00

嵐の初ライブ・フィルム『ARASHI 5×20 FILM』が上海国際映画祭にて上映決定!

2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り行われた計50公演のツアーで累計237万5千人の動員を記録した“嵐”。その20周年ツアーを映画化した『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が、第24回上海国際映画祭にてワールドプレミア上映されることがわかった。

舞台となるのは、2019年12月23日に東京ドームで行われた1日限りのシューティングライブ。嵐の映画初主演作『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』(02)で監督を務めた堤幸彦がメガホンをとり、これまで嵐の映画&ライブに関わり、彼らを知り尽くしたスタッフが集結。嵐が5人だから見られた景色、そして観客が5人と一緒に見た景色を100台以上のカメラで余すことなく記録している。


本作は嵐の初となるライブ・フィルムであり、2000年から2020年までのコンサートで累計約8200万人を動員したジャニーズ事務所にとっても初のライブ映画。6月11日(金)~6月20(日)の同映画祭の期間中、ワールドプレミア上映のほかGala部門とDolby Vision部門への正式出品が決定している。

堤監督は「たくさんライブ映像を撮ってきましたが、間違いなく自分が撮った中では最高峰になるでしょう」と語っている。日本での配給は松竹が担うものの、現時点では公開は未定。嵐の名曲とパフォーマンスを体感できる日を楽しみに待ちたい。