ヘンリー王子夫妻、娘に女王の愛称を命名したのは最大級の和解の申し出!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2021/6/9 20:30

ヘンリー王子夫妻、娘に女王の愛称を命名したのは最大級の和解の申し出!?

ヘンリー王子夫妻に、現地時間の6月4日、第2子となる女児が誕生。リリベット・”リリ”・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザーと名付けたことがわかった。

ミドルネームのダイアナは、予想通り故ダイアナ妃からつけられたものだが、ウィリアム王子とキャサリン妃の心中を察する声もある。しかしリリベットは、エリザベス女王の幼少時代に家族が付けたニックネームで、最後はフィリップ王配のみが使用していたと言われる呼び名だ。

それについて王室専門家は、「エリザベス女王に敬意を表して、娘にリリベットという名をつけたのは、彼らから英王室への最大限の和解の申し出なのではないでしょうか」と語っているが、ロイヤルファンからは、「あれだけ英王室を一方的に非難しておいて、和解の申し出のつもりならば厚かましいのでは?」「女王に敬意を表したつもりでしょうけれど、フィリップ王配と女王の特別な呼び名。相談しないで勝手につけたのならありえないですね」「フィリップ王配が亡くなってまだ2か月余り。この名前が頻繁に出てくると悲しみが増すだけ」といった怒りのツイートも寄せられている。

一方で、「エリザベス女王もチャールズ皇太子もウィリアム王子も、ヘンリー王子と仲違いしたくないはず。これがいいきっかけになることを祈っています」「名前だけではなく、改心して親子兄弟仲良く今後の英王室を牽引してほしい」といった期待を込める声もあるようだ。

文/JUNKO