盟友M・デイモンとB・アフレックが共演!リドリー・スコット監督作『最後の決闘裁判』公開決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
盟友M・デイモンとB・アフレックが共演!リドリー・スコット監督作『最後の決闘裁判』公開決定

映画ニュース 2021/8/3 8:00

盟友M・デイモンとB・アフレックが共演!リドリー・スコット監督作『最後の決闘裁判』公開決定

名匠リドリー・スコット監督の最新作『最後の決闘裁判』が10月15日(金)に日米同日公開されることが決定。マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックが共演する同作より特報が到着した。

本作のテーマのベースとなったのは、1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”。 舞台となるのは中世フランス。騎士カルージュの妻マルグリットが、夫の旧友ル・グリに乱暴されたと訴える。しかしル・グリは無実を主張し、目撃者もないため、真実の行方は夫と被告による生死をかけた“決闘裁判”に委ねられることになる。マルグリットを新星ジョディ・カマー、カルージュをデイモン、ル・グリをドライバー、カルージュとル・グリの運命を揺さぶる主君ピエール伯をアフレックが演じ、運命をかけた壮絶な闘いが描かれる。

特報では、権力が全てだった時代に国家に逆らい、自らの身に起きた悲劇を証明するために立ち上がるマルグリットの毅然とした姿と、真実を明らかにするために地位や名誉、そして命をもかけて決闘裁判に挑むカルージュの姿が映しだされる。しかし一方で「私は無実だ」と反論するル・グリが正義を示すために裁判の申し出を受け入れる姿も切り取られ、“本当に裁かれるべきは一体誰なのか”謎が深まる展開に興味が掻き立てられる。

600年以上経ったいまもなお歴史家たちの間で物議をかもす歴史的なスキャンダルを壮大なスケールで描く『最後の決闘裁判』。衝撃の実話ミステリーの結末を見届けてほしい。

文/足立美由紀