西島秀俊、瞳潤ませ“何食べ愛”爆発!シーズン2「やりたい!」“恋人”内野聖陽の紫綬褒章に喜びも|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/11/3 15:19

西島秀俊、瞳潤ませ“何食べ愛”爆発!シーズン2「やりたい!」“恋人”内野聖陽の紫綬褒章に喜びも

よしながふみによる人気漫画を西島秀俊&内野聖陽のW主演でドラマ化した「きのう何食べた?」。同作を映画化した劇場版『きのう何食べた?』の初日舞台挨拶が11月3日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、西島、内野、山本耕史、磯村勇斗、中江和仁監督、チャンカワイが登壇。「シロさんとケンジにもう会えないのかと思ってすごくさみしかった」と切りだした西島が、再び本シリーズの世界を生きられたことや、応援し続けてくれるファンがいる喜びを噛み締め、「こうやって皆さんにお届けできてうれしい」と瞳を潤ませながらコメント。会場もその言葉に鳴り止まない拍手で応えるなど、愛情いっぱいの舞台挨拶となった。

『きのう何食べた?』の初日舞台挨拶が開催された
『きのう何食べた?』の初日舞台挨拶が開催された

料理上手で几帳面な弁護士のシロさん(西島)と、その恋人で人当たりの良い美容師のケンジ(内野)の温かな日常を、日々の食卓と共に描く物語。劇場版では、シロさんの提案でケンジの誕生日プレゼントとして京都旅行へ出発。京都旅行をきっかけに、2人がお互いに心の内を明かすことができなくなってしまう姿を描く。

仲のいい2人
仲のいい2人

大きな拍手に迎えられてた登場した西島は「ドラマシリーズからずっと応援してきていただいて、直接皆さんとお会いできて、お話できることが本当にうれしいです」と挨拶。内野も「深夜にやっていたドラマがこんなに大きなスクリーンでやるということで。深夜枠でこそこそやっていたつもりなんですけれど(笑)。大画面で見ても、うっとおしく思わないでください」と茶目っ気たっぷりに語っていた。

「紫綬褒章」受章の喜びも告白
「紫綬褒章」受章の喜びも告白

昨日は、内野が芸術文化部門で「紫綬褒章」を受章したことが発表された。司会を務めたチャンカワイから「お気持ちを」と聞かれると、内野は照れながらも「この賞をいただいてびっくりしちゃいまして。一つの役を徹底的に掘り下げていくことが変態的に好き。掘り下げて皆さんに提示するものを評価していただけたのなら、やってきたかいがあったなと思う」としみじみ。力強い役から繊細さのある役柄まで巧みに演じ、芸能界の発展に貢献したことが受賞の理由となったが、内野は「繊細な役というのは、まさにこのことなのでは」とケンジ役にも感謝した。西島は「恋人役としてうれしい」と破顔しながら、「ドラマのシーズン1が終わった時に、内野さんが『俺たちはもっとやれるよ』とおっしゃっていた。もっと深く繊細に演じようと確認していた。常に俳優としての理想みたいなものを求め続けている」と内野の役者魂に感服していた。


この日は舞台挨拶の前にも、西島が受章のお祝いの言葉をかけていたという。内野は「僕の楽屋にプレゼントを持って来てくださった。その時、なにかついていた。『西島さん!ドーナツ食べたでしょ!』と言った」と西島が口元にドーナツをつけていたことを暴露。西島は「せっかくおめでとうと言ったのに、口についているって…」と苦笑いを浮かべていた。

西島秀俊が感極まるひと幕も
西島秀俊が感極まるひと幕も

登壇者陣で息ぴったりのトークを繰り広げるなか、料理が物語のカギとなることから「おかわりしたいものは?」と聞かれると、西島は「連続ドラマのシーズン2をやりたい」と切望。最後の挨拶では内野も「優しく、思いやりの詰まった映画になった。ここまで愛してくださる作品になるとは思わなかった。ここまで愛してくれて本当にうれしい」と微笑みつつ、「シーズン2があるかはわかりませんが、これからもよろしくお願いいたします」と期待した。西島は「連続ドラマをやって、スペシャルが決まって、終わって。シロさんとケンジにもう会えないのかなと思ってすごくさみしくて。でもこの2人はきっとどこかで幸せに喧嘩をしたりしながら生きているんだろうなとずっと思っていたんですけど、映画の話がきて台本を読んで、“2人がちゃんと生きている、変わらないんだ”ということがわかってすごくうれしくて。皆さんに応援していただいて、こうやってまた史朗とケンジに会えるという喜びが本当に大きい。すごく感動したことを覚えています」と心を込め、温かな拍手を浴びていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品