トム・ホランドが「史上最高級のスーパーヒーロー映画」と自信!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告上映イベントは大盛況|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 映画ニュース・読みもの
  • トム・ホランドが「史上最高級のスーパーヒーロー映画」と自信!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告上映イベントは大盛況

映画ニュース 2021/11/19 21:00

トム・ホランドが「史上最高級のスーパーヒーロー映画」と自信!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告上映イベントは大盛況

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版「スパイダーマン」シリーズの最新作となる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022年1月7日公開)。本作の最新予告映像が全世界一斉解禁となった現地時間17日、アメリカ・ロサンゼルスにて異例の予告上映イベントが開催。会場にスパイダーマン/ピーター・パーカー役のトム・ホランドがサプライズ登場した。

会場は総立ち!大歓声と拍手が巻き起こる
会場は総立ち!大歓声と拍手が巻き起こる[c]2021 CTMG. [c] & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

予告編の解禁のためだけに開催されるという「スパイダーマン」にしかできない前代未聞のイベントに集まったのは、会場に詰めかけた450人の熱狂的なファンと、オンラインで繋がったメキシコ会場の226人。予告上映の前にホランドが姿を現すと、会場には大歓声と大きな拍手が巻き起こる。ホランドは「この映画は僕のスパイダーマンとしての集大成であるだけでなく、ほかのユニバースからヴィランたちが集まってくる。俳優として、スパイダーマンの大ファンとして、この作品に参加できたことが本当にうれしいです!」と笑顔で挨拶した。

早速予告が上映されると、『スパイダーマン2』(04)のドック・オクや『アメイジング・スパイダーマン2』(14)のエレクトロをはじめ、グリーンゴブリンやサンドマン、リザードといった過去のシリーズ作のヴィランたちの登場に観客たちは大興奮。ピーターたちとドクター・ストレンジのやりとりには笑いが巻き起こるなど、3分にも満たない映像にもかかわらず1本の映画を観ているような盛り上がりに。さらに上映後にはスタンディングオベーションで会場が一体となった。

会場には450人の熱狂的なファンが殺到!
会場には450人の熱狂的なファンが殺到![c]2021 CTMG. [c] & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

壇上に上がったホランドは「この役にキャスティングされたのは僕が18歳の時。庭にいたら突然ケヴィン・ファイギから電話がかかってきて、その時から人生が変わった」と、自身とスパイダーマンの思い出を語り始めると「これは史上最高級のスーパーヒーロー映画。みんなの盛り上がりを見て、心からうれしいし感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨深げな表情。

「とにかく早く映画を観てほしい!映画館でね!」
「とにかく早く映画を観てほしい!映画館でね!」[c]2021 CTMG. [c] & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

そして観客からの質問コーナーでは真摯かつ時折ジョークを織り交ぜながら回答していくホランド。最後に「今日はみんなが集まってくれて心から感謝しています。とにかく早く映画を観てほしい。ぜひ映画館で!僕が出演しているからそう言わざるを得ないけれど、信じてほしい。本当に驚くから!今日はありがとう」と満面の笑みでファンに呼びかけていた。


文/久保田 和馬