竹内涼真×横浜流星W主演!「半沢直樹」池井戸潤のベストセラー「アキラとあきら」映画化決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
竹内涼真×横浜流星W主演!「半沢直樹」池井戸潤のベストセラー「アキラとあきら」映画化決定

映画ニュース 2021/11/24 5:00

竹内涼真×横浜流星W主演!「半沢直樹」池井戸潤のベストセラー「アキラとあきら」映画化決定

「半沢直樹」「下町ロケット」の人気作家、池井戸潤の小説「アキラとあきら」が、竹内涼真と横浜流星のW主演、2022年夏公開予定で映画化されることがわかった。あわせて、竹内、横浜、原作の池井戸、監督を務める三木孝浩のコメントが到着した。

【写真を見る】原作「アキラとあきら」は累計発行部数約70万部を突破!
【写真を見る】原作「アキラとあきら」は累計発行部数約70万部を突破![c]2022「アキラとあきら」製作委員会

原作は2017年に文庫が発売されるや否や、全国書店、ネット販売にて小説部門売上1位を記録。50万部を突破。同年、WOWOWにて向井理&斎藤工主演で映像化された連続ドラマ版は、第34回ATP賞テレビグランプリを受賞し高い評価を得た。さらに、2020年8月には集英社から文庫が再販され、現在の累計発行部数約70万部を突破。その勢いはとどまる所を知らず、満を持しての映画化となった。

メガバンク。産業中央銀行に入社した山崎瑛=アキラと階堂彬=あきら。同期の中でもズバ抜けて優秀な2人だが、その性格は正反対。ライバルとして日々しのぎを削っていたが、ある案件で信念を押し通した結果、瑛は左遷。一方、順調に出世していた彬には、血縁というしがらみが立ちはだかる。やがて、何千人もの人生が懸かった巨大な危機が巻き起こった時、2人の宿命が重なり合い、アキラとあきらの奇跡の逆転劇が始まる。

父の町工場の倒産、夜逃げと貧しい幼少時代を過ごし、人を救うバンカーになるという理想を胸にどんな融資先にも全力でぶつかる瑛=アキラを竹内が、冷静沈着で頭脳明晰な銀行員だが、老舗海運会社、東海郵船の御曹司まがら、自ら後継ぎの座を退いた彬=あきらを横浜が演じる。竹内は「全国の働くみなさんにエールを送れるような映画になっていると思います」とアピール。横浜は「竹内くんとは見つめ合うシーンが多く、『照れるね』と笑いながらも熱く意見を交わし合い、2人の関係性を作っていきました」と撮影を振り返っている。

原作の池井戸は「人生の荒波に漕ぎ出す『アキラとあきら』に、スクリーンで出逢える日を心待ちにしています」と期待のコメントを寄せ、三木監督は「矜持の違いを火花を散らしながらぶつけ合う姿は、竹内涼真と横浜流星という今まさに勢いある二人の俳優の熱量とシンクロして現場で何度も心滾る瞬間がありました」とライバルの2人を演じた竹内、横浜の演技を絶賛している。


解禁となったティザービジュアルには、華麗にスーツを着こなし、鋭く、力強い目線で銀行員としての威厳を感じさせる竹内、横浜の姿が。宿命に抗い、過酷な運命に立ち向かう男たちの熱い人生を力強く演じる2人に期待したい。