のん「ギョギョギョ!」さかなクンからの“ハコフグ帽”継承に大感激|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
のん「ギョギョギョ!」さかなクンからの“ハコフグ帽”継承に大感激

イベント

のん「ギョギョギョ!」さかなクンからの“ハコフグ帽”継承に大感激

沖田修一監督の最新作『さかなのこ』の公開記念舞台挨拶が9月3日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、のん井川遥磯村勇斗岡山天音、さかなクン、沖田監督が登壇。さかなクンから自身のトレードマークでもあるハコフグ帽をプレゼントされたのんが、「うれしい!」と喜びの声を上げた。

『さかなのこ』の公開記念舞台挨拶が開催された
『さかなのこ』の公開記念舞台挨拶が開催された

さかなクン初の自叙伝「さかなクンの一魚一会 〜まいにち夢中な人生!〜」を原作とする本作。子どもの頃からお魚が大好きだったミー坊が、“好き”を貫き続け、たくさんの出会いに導かれながら、やがて“さかなクン”になるまでを描く。

のん、さかなクン役を演じた映画が公開
のん、さかなクン役を演じた映画が公開

のんが、好きなことに一直線で、周囲の人々を幸せにする不思議な魅力にあふれた主人公に命を注ぎ込んだ。「今日はちょっとお魚を意識してきました」と衣装を紹介したのんは、「さかなクンは老若男女のヒーローだし、ミー坊もめちゃくちゃヒーローでかっこいいなと思った」とにっこり。「“好き”を追い求めて、“好きだから”という理由で動くという、その原動力にはすごくシンパシーを感じていて。私も“好き”“やりたい”という力をもとに頑張っているので、一方的に同志みたいな気持ちでいます」とさかなクンについて表現した。

「いよいよ上映されて感激しております!」と笑顔を見せたさかなクンは、「沖田監督さまから映画をつくるというお話をちょうだいいたしましたのは、ギョ年前。本当にうれしく思っております」と大喜び。完成した映画を観て「母もみんなも、めちゃくちゃ感動してくれた」そうで、「すギョいねって。友だちはいまでも“ミー坊”と呼んでくれるので、『ミー坊、すごいじゃん』と言ってくれた。これは夢か幻か、本当だ!という感じで、いまでも夢のような感じでフワフワしています」とまだ信じられないような気持ちの様子。ギョギョおじさんという謎の人物として映画初出演も果たしたが、そこではさかなクンがトレードマークのハコフグ帽子を脱ぐ場面もあり、「(脱いでも)石になるわけでもなんでもないんですよ」と話し、周囲を笑わせていた。


キュートな姿に会場からも拍手が上がった
キュートな姿に会場からも拍手が上がった

またこの日は、さかなクンからのんにハコフグ帽がプレゼントされるひと幕も。さかなクンから「『ハコフグ帽を受け継いでください!』という気持ちになりました!」と言われたのんは、「うれしい!ありがとうございます!」と大感激。ハコフグ帽を手に取り、実際に被ってみたのんは大きな笑顔を弾けさせ、さかなクンも「ミー坊だ!」とコメント。のんは「いつでも被っていいんですか?さかなクンの知らないところでも被っていいんですか?」とすっかりお気に入りになった様子だ。

さかなクンからイラストがプレゼントされた
さかなクンからイラストがプレゼントされた

さらにさかなクンからのプレゼントは続き、サプライズでキャスト、監督それぞれをイメージした魚を描いたイラストが贈られた。のんはイットウダイ、井川はマンボウ、磯村はクエ、岡山はブリモドキ、沖田監督はショウキハゼのイラストを受け取った。のんは「さかなクンが、私を魚に例えたらイットウダイちゃんだと言ってくださっていた。撮影にもイットウダイちゃんが登場していた。うれしいです」と目尻を下げる。

さかなクンから「クエちゃん、かっこいいですよね。磯の王者」と説明された磯村は、「クエにふさわしい男になりたいです。磯村なので」と意気込み、周囲を笑わせる。最後にはのんが「みんなが“好き”を持っていると思うので、ミー坊を見て自分の好きを大事にしてください。あなたの映画になりますように。ギョギョギョ!」と元気いっぱいに呼びかけ、会場から大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田おり枝

作品情報へ

関連作品

  • さかなのこ

    4.2
    1124
    “さかなクン”の半生を、主演・のん×監督・沖田修一でユーモラスに描く
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix