『陰陽師0』安倍晴明の若き日を演じた山崎賢人、俳優業の原点は「サッカー」!佐藤嗣麻子監督も俊足に驚愕|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『陰陽師0』安倍晴明の若き日を演じた山崎賢人、俳優業の原点は「サッカー」!佐藤嗣麻子監督も俊足に驚愕

イベント

『陰陽師0』安倍晴明の若き日を演じた山崎賢人、俳優業の原点は「サッカー」!佐藤嗣麻子監督も俊足に驚愕

映画『陰陽師0』の公開記念舞台挨拶が4月20日に丸の内ピカデリーで開催され、山崎賢人、染谷将太、奈緒、安藤政信、板垣李光人、佐藤嗣麻子監督が登壇。サプライズゲストとして、本作のメガホンをとった佐藤監督の夫で、映画『ゴジラ-1.0』などを手掛けた山崎貴監督が公開のお祝いに駆け付けた。

『陰陽師0』の公開記念舞台挨拶が開催された
『陰陽師0』の公開記念舞台挨拶が開催された

原作は、平安時代に実在した“最強の呪術師”安倍晴明の活躍を描き、シリーズ累計発行部数680万部を超える夢枕獏のベストセラーシリーズ。安倍晴明(山崎賢人)が、陰陽師になる前の知られざる学生時代をオリジナルストーリーでつづる。『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』(08)や「アンフェア」シリーズの佐藤嗣麻子が監督・脚本を務めた。山崎は「昨日、初日を迎えて、やっと皆さんに観ていただけることをうれしく思っています」としみじみ。「35年前に、夢枕獏さんと映画化するという約束をした」という佐藤監督は、「35年かかって、公開することができました。光栄ですし、幸せです」と感無量の面持ちを見せた。

公開に喜びを噛み締めた山崎賢人
公開に喜びを噛み締めた山崎賢人

安倍晴明の原点を描く本作にちなみ、それぞれが「自分の原点」をフリップに書いて告白する場面もあった。「サッカー」と答えた山崎は、「小学校から中3までやっていた。楽しみながら、一生懸命やるということはいまの仕事にも通じる。個人プレーでもあるし、チームプレーでもある」とコメント。「やるならプロになりたいと思っていた」と打ち込んでいたことを回想し、「根っこの部分は、サッカーで培いました」といまの自分を作ってくれたのはサッカーだと話した。佐藤監督は「足が恐ろしく速い」と惚れ惚れとしていたが、山崎は「ボールを追いかけている時のほうが速かった。運動会とか短距離走の時も、ボールがないかなと思っていました」とにっこり。アクションシーンでもボールがあったら「もっと速く走れたかも」と続けると、佐藤監督が「蹴鞠?」と提案。山崎も「蹴鞠があったらもうちょいスピードアップしていたかも」と乗っかり、会場の笑いを誘っていた。

それぞれが原点を告白!
それぞれが原点を告白!

また染谷は「ジャッキー・チェン。子どもの時にジャッキー・チェンが好きで、映画が好きになった。ジャッキーがいなかったら、ここにいない」、奈緒は「福岡。地元がなかったらここにはいない」、安藤は「写真、スケートボード、音楽などのライフスタイル」、板垣は「両親。気になったことは全部やらせてくれた」と各自がフリップを掲げるなか、佐藤監督は「夢枕獏さん。獏先生がいなければ、この映画も存在しない」と改めて念願がかなった喜びを噛み締めていた。

【写真を見る】山崎貴監督が妻である佐藤嗣麻子監督に花束をプレゼント!
【写真を見る】山崎貴監督が妻である佐藤嗣麻子監督に花束をプレゼント!

最後には佐藤監督の夫である、山崎貴監督がサプライズ登壇して佐藤監督に花束をプレゼント。夫の来場を知らされていなかった佐藤監督が「朝、ずっと寝ていたんですけど」と驚くなか、山崎監督は「公開おめでとうございます」と祝福の言葉を贈った。


同じ専門学校の出身だという2人だが、山崎監督は監督デビューする前に、佐藤監督のVFXを担当していたという。山崎監督は「最初は(VFXを)やってあげるという感じでやっていた。そうしたら『山崎くん、あなたの名前が出るのにこんなのでいいの』と言われたり、すごく怖い監督になった」と当時の佐藤監督の指導についてぶっちゃけつつ、「こんなにツライ思いをするなら、自分の作品を作ろうと思って監督になった。ある種、原点」だと楽しそうに告白。「うちではお互いの作品のことは、求められる限りは一切ノータッチ。だから今回も脚本も読んでいなかった」というが、実際に完成作を観たところ「よかったです、本当に」とすばらしい出来栄えだと絶賛。「これを作りたかったんだなと。彼女が長い間『陰陽師』を作りたくて苦労していたのをそばで見ていたので、やっとその想いが成就して。いままでの戦いが無駄じゃなかったんだと思った」とこれまでの道のりに敬意を表しながら、妻を労った。照れ笑いをのぞかせた佐藤監督は「ありがとうございます」とお礼を述べると、山崎監督は「あの展開はうまいなと思った。みんながやりたがるのは、これだよなと思った」とラストシーンは嫉妬するほど感動的だったと話していた。

取材・文/成田おり枝

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

作品情報へ

関連作品

  • 陰陽師0

    3.9
    6043
    安倍晴明が陰陽師になる前の知られざる学生時代を描いた完全オリジナルストーリー