『ザ・ウォーカー』監督のヒューズ兄弟が『AKIRA』実写版製作を認める|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/6/23 17:00

『ザ・ウォーカー』監督のヒューズ兄弟が『AKIRA』実写版製作を認める

6月19日に公開され、週末の日本興収ランキングで5位とまずまずの位置につけた『ザ・ウォーカー』。アカデミー賞俳優デンゼル・ワシントン演じる“ザ・ウォーカー”と、名優ゲイリー・オールドマン演じる“カーネギー”が世界に残った1冊の本を巡り、熾烈な戦いを繰り広げるサスペンス・アクション超大作は、アルバート・ヒューズとアレン・ヒューズの双子兄弟監督によるものだ。前作『フロム・ヘル』(02)では霧に覆われた世紀末ロンドンを、濃密な闇と蝋燭に灯る炎との対比も鮮やかに描き出したが、本作では一転、広大なランドスケープの灼熱と鮮やかな色彩をスケール感あふれるカメラアイで切り取り、またクライマックスの銃撃戦からカーチェイスへ、意表を突くアクションの連続においてもスタイリッシュなビジュアルセンスを発揮している。

そして、日本公開に合わせて産経新聞が行ったアルバート・ヒューズ監督への電話取材において、衝撃の事実が明らかになった。次回作に関する質問で、アルバート・ヒューズは「次は『AKIRA』だよ。今ちょうど、ストーリーボードとプロットを書いていて忙しいんだよ」と語ったのだ。『AKIRA』プロジェクトに着手していることを公に認めたのはこれが初めてのこと。思い起こせば、ヒューズ兄弟が“『AKIRA』実写版の監督に決定か?”というニュースが世界を駆け巡ったのは記憶に新しい。しかし、スタジオからの正式発表もないまま、誰もが噂に過ぎないだろうと思っていたところに今回の発言である。噂が事実であったことが明らかになったのだ(※スタジオからの正式発表はまだない)。

アルバート・ヒューズ自身、『AKIRA』の大ファンであることを公言しており、「1994年、レーザーディスクで大友克洋の傑作アニメ『AKIRA』を見て以来、その虜になった」という。何度も企画にあがってはお蔵入りになってきた『AKIRA』実写版。主演レオナルド・ディカプリオ、製作ジョエル・シルバー、監督ヒューズ兄弟というタッグによるプロジェクトの全貌が明らかになるまで、まもなくかもしれない。【Movie Walker】

関連作品

  • ザ・ウォーカー

    3.4
    3
    デンゼル・ワシントン×ゲイリー・オールドマン競演のサスペンス・アクション
    Amazon Prime Video U-NEXT