吉沢亮、無茶ぶりでMCに挑戦。新木優子との“トリコダンス”も「かわいい!」と反響|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2018/10/5 20:13

吉沢亮、無茶ぶりでMCに挑戦。新木優子との“トリコダンス”も「かわいい!」と反響

白石ユキの同名コミックを映画化した『あのコの、トリコ。』の初日舞台挨拶が、10月5日にTOHOシネマズ新宿で開催。主演の吉沢亮、ヒロインの新木優子、最強ライバルを演じた杉野遥亮、宮脇亮監督が舞台挨拶に登壇した。映画のヒットを祈願して、公式サイトで募ったファンたちのリクエストに応えた吉沢たち。劇中で吉沢たちが披露する“トリコダンス”を全員で踊ったり、吉沢がMCに挑戦したりするなど、会場を大いに盛り上げた。

この日のMCは荘口彰久だったが、吉沢は荘口に代わって台本を読み「こんなにお忙しいお三方が揃うのはなかなかレアなイベントですよ。せっかくなので、お互いがどんな印象なのかを聞いていきたいなと」と軽妙なトークで会場を沸かせる。

杉野は「吉沢くんも優子ちゃんも共通して言えるのはクールビューティ。お美しいので、最初はお名前を聞いた時、うわあ!ってなっちゃった」と言うと、吉沢がすかさず「それはどういう『うわあ!』ですか?」とツッコミを入れると、荘口も「いいですね、いまの」と吉沢を絶賛する。

新木は「なに言ってるんですか。杉野さんだってこんなにスタイルが良くてかっこいいし」と言うと、杉野は「現場に馴染めるかどうか心配でしたが、吉沢くんから話しかけてくれたり、優子ちゃんも現場で太陽のような存在だったので、お二方のギャップにやられて好きになっちゃいました」と笑顔でコメント。

さらにサプライズで、10月5日が誰かをトリコにする恋愛の日ということで「トリコの日」と日本記念日協会によって正式認定されたことが発表された。吉沢は「出演させてもらった映画で、(記念日に)正式に認定されることってあまりないので、うれしいです」と感激しきりだった。

『あのコの、トリコ。』は幼なじみ3人が織りなすラブストーリー。吉沢は主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼役、荒木が頼の大好きなあのコ・雫役、杉野が頼の恋敵を演じた。

取材・文/山崎 伸子