竹内涼真が藤原竜也の相棒に!『太陽は動かない』から貴重なインタビュー映像が到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/5/21 7:00

竹内涼真が藤原竜也の相棒に!『太陽は動かない』から貴重なインタビュー映像が到着

「怒り」「悪人」などで知られる人気小説家、吉田修一のサスペンス・アクション小説「太陽は動かない」が、映画化&WOWOWドラマ化とあいついで映像化される。世界を股にかけた壮大なスケールと、本格的アクションシーンで構成された巨編を藤原竜也主演で映像化する本作にて、竹内涼真の共演が明らかになった。

主人公は、心臓に小型爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという、極限まで追い詰められた男。「海猿」シリーズや「MOZU」シリーズなどを手がける羽住英一郎が監督を務め、陸・海・空問わず繰り広げられる迫力のアクション、そして手に汗握る予想外な展開の、極限タイムリミット・エンタテインメントを繰り広げる。

竹内涼真が演じるのは、藤原演じる主人公の鷹野一彦の後輩であり相棒の田岡亮一役。藤原とは本作が初共演となる竹内は、藤原の印象について「ふとした時の台詞だったり、表情だったりがすごく勉強になりますし、先輩ですけど食らいついてやっていかないといけないと思います。竜也さんからコミュニケーションを取ってくださり、頼りになるお兄ちゃんという感じです」とコメント。

藤原は竹内について、「すごく力のある俳優さんです。頭の回転の速い俳優だなというイメージで、初共演なのですが、彼に引っ張られる部分もありました。あと面白いです。撮影以外のところでもコミュニケーションを取って仲良くなりました」とコメントし、映画同様に息の合った様子が伺える。

また、世界各国を舞台に物語が展開する本作の撮影は、ブルガリアの首都ソフィアで1ヶ月にも及ぶ大々的なロケを敢行。市街地の道路を完全封鎖して車を横転、爆破させたカーアクションシーンの撮影や、鉄道駅から実際に列車を40kmも走らせながら終日撮影を行うなど、スケールの大きい撮影が連日続いた。

本格的なアクションは初めてという竹内も、本作に向けた身体作りをしっかりと取り組み、現地では陸橋から飛び降りるワイヤーアクションや、激しい肉弾戦に挑戦。「毎日反省点があり、充実感もすごくあります。アクションをやっていたら、次の日とか2日後に、こんなところに痣があったっけとか、ここ痛いなというのは当たり前ですね。それが自分の体でアクションをやっている証拠なのかなというのを噛み締めながらやっています」と初挑戦ながらも楽しんでいる様子だ。

今回、先輩である藤原との“バディ感”が垣間見えるブルガリアでの貴重な2ショットのセルフィー写真も解禁。初共演ながらもお互いに刺激し合って息の合った芝居を見せる2人の貴重なオフショットとなっている。

本作はブルガリアでの撮影を終えて、4月末から日本国内で引き続き撮影中。映画の公開は2020年5月を予定しており、まだまだベールに包まれた本作の今後の情報からも目が離せない。

<竹内涼真インタビュー映像>


<藤原竜也インタビュー映像>

関連作品

  • 太陽は動かない

    3.8
    766
    産業スパイ“鷹野一彦”が活躍する吉田修一原作の3部作の2編を藤原竜也主演で映画化