高橋みなみのブチ切れシーンも!AKB映画公開で大島優子「さらに好きになってもらいたい」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/1/22 13:52

高橋みなみのブチ切れシーンも!AKB映画公開で大島優子「さらに好きになってもらいたい」

2010年の流行語に選ばれ、国民的アイドルグループとして絶大な人気を誇るAKB48の2010年に完全密着した初のドキュメンタリー『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』(公開中)の初日舞台挨拶が1月22日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、出演者でAKB48メンバーの大島優子、前田敦子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜、柏木由紀、宮澤佐江、河西智美、峯岸みなみ、北原里英、秋元才加、指原莉乃、横山由依と、寒竹ゆり監督が登壇した。

撮影を振り返り、渡辺は「私はアニメイトに行けて、最高に嬉しかったです!」と大はしゃぎし、大島は「これ(映画)をやって、一番楽しかったと思うのは、スノーボードに行けたこと。初めてスノーボードをやっている姿をお見せできたということで、新たな発見も皆さんに見つけてもらえたんじゃないかなと思うので、これでさらに好きになってもらいたい」とアピールした。今作の製作では、常に彼女たちの周りではカメラが回っている状況だったが、高橋は「AKB48には記録カメラが付いているのですが、ずっと記録用だと思っていたカメラが実はドキュメンタリー用のカメラで、普段通りに写っていることを気にせず動いていたら、その結果、私がブチ切れているところが(笑)」と苦笑い。豚足が大好物の板野は「映画を見て、どんだけ食べるんだよってくらい食べてて反省した」とコメント。渡辺は「私の発している言葉の8割が『おしり』だったんですよ。おしりとアニメイトの人」と、自身の魅力を紹介した。

製作期間を振り返り、寒竹監督は「彼女たちの一年間を映画にさせていただいて、彼女たちのことが大好きになった。テレビで見ているみんなは可愛くてキラキラしているけど、そういう場面だけではなくて、スッピンや寝たり食べたりしている姿もファンの方たちは好きになってくれるかなと思った」と話すと、高橋は感動のあまり号泣。

同作を見た峯岸は、「メンバーの知らなかった部分がたくさん見られた。10年後に見た時にどう思うんだろうと思って、10年後みんなが何をしてたとしても、集まって一緒に見られたりしたら良いな」と熱望。日に日にファンが増加し続けているAKB48だが、前田は「この映画を通して、最近AKBに興味を持ってくださった方や、個人個人のメンバーがよくわからない方にも深く知ってもらえたんじゃないかなと思います」と語り、板野は「いつもじゃ見られないAKB48の素顔が見られると思う。私たちはアイドルであり、普通の女の子」と話した。篠田は「この映画で自分と向き合える良い機会だった」と感慨深げな様子。誰もが認めるAKB48のリーダーである高橋は「私たちは会いに行けるアイドルとして活動させていただいているんですけど、アイドルであり、人間である。言葉にすることの大切さを今回感じました。AKB48を好きな人にも嫌いな人にも見てもらいたい!」と締めくくり、さらなるヒットを誓った。【MovieWalker】

関連作品

関連記事