レディー・ガガ、学校集会でいじめ撲滅のサプライズメッセージ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/11/28 13:20

レディー・ガガ、学校集会でいじめ撲滅のサプライズメッセージ

レディー・ガガが、いじめ撲滅の学校集会を開いたカナダの高校、エトビコーク・スクール・オブ・アーツにビデオメッセージを送り、学生たちを驚かせたと英BBCニュースが伝えている。

同校の生徒会長ジャック・サンピエール(17歳)は、自分自身も小学校時代にいじめられた経験から、校内でいじめ撲滅運動を展開しており、“ダメもと”で複数の著名人に協力を要請するメールを送ったところ、ガガから本当に返事が来たという。ガガのメールには、彼女から全校生徒に贈るビデオメッセージへのリンクが貼られていたそうで、「メールの件名は『レディー・ガガからジャックへ』でした。『下のリンクをクリックして、学校集会のためのビデオをダウンロードしてください』と書かれていました。ビデオを見て、僕は泣きました。僕は彼女の大ファンなんです。信じられなかった」とジャックは語っている。

ジャックはその動画を「Lady Gaga Speaks Out About Bullying at the Etobicoke School of the Arts」のタイトルでYouTubeでも公開しており、ビデオ中でガガは、「私の父は、私へのファンレターを全て保存しておいてくれます。つい最近、ジャックからのメールを読み、このビデオを送りたくなりました。愛と受容の限界を押し広げることは、とても重要なことです。寛容と平等を全ての学生に広げることが大切です。いじめをヘイトクライム(憎悪犯罪)として認めさせるため、私は全力で働くつもりです」と語っている。

ガガは、今年9月に14歳のファンがいじめを苦に自殺して以降、オバマ大統領にいじめ問題について直訴したり、いじめ防止財団を設立したりと、精力的に行動している。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連記事