ちびっこのヒーロー、アンパンマンの劇場版は大人にも響く深いメッセージが魅力|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2012/7/7 18:30

ちびっこのヒーロー、アンパンマンの劇場版は大人にも響く深いメッセージが魅力

夏休みが近づくにつれて続々と公開される人気アニメの劇場版作品。今年の夏も「ポケモン」や「NARUTO」など、ファンにはおなじみの人気作が目白押しだ。強力タイトルがしのぎを削る夏休み映画の中でも特に長い歴史が誇るのが、1988年にテレビ放映を開始した「それいけ!アンパンマン」だ。7月7日(土)より公開されている『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』は、何と劇場版第24弾の作品となる。

劇場版最新作の舞台は、南の国・バナナ島。島の一大イベント“バナナ祭り”に招待されたアンパンマン一行が目にしたものは、寒さで島中のバナナが枯れ、変わり果てたバナナ島の姿だった。そんな島を救うため、バナナ島の女王・バンナと共に、アンパンマンたちが立ち上がる!

最初はアンパンマンと張り合っていたバンナが、バナナ島のピンチに気づき、アンパンマンたちと力を合わせ危機に立ち向かって行く姿は、大人が見ても感動的だ。故郷の復興のために、力を合わせるバンナやバナナ島の人々の姿には、東日本大震災以降の日本人の姿が投影されている、といっても大げさではないくらい、物語が丁寧に作り込まれている。

観客の多くが家族連れということもあり、大人も楽しませないといけない劇場版アニメ。「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」のように、大人の映画ファンがお気に入りにあげる作品も数多く生まれているだけあり、実は子供向けの映画には隠れた傑作が多いのだ。今回のアンパンマンの新作も、親子二世代で楽しめる作品に仕上がっている。原作のやなせたかしも「東日本大震災の被害から日本は立ち直ろうとしています。この作品は傷ついた子供たちの心を元気づけるお手伝いをしたいという思いを込めました。是非、ご家族でお楽しみください」とコメントしている通り、大切なことを優しい言葉と楽しいキャラクターを通して伝え続けてきたアンパンマン。そのメッセージは子供だけではなく、大人にも直球で響いてくるからこそ、長く愛され続けているのかもしれない。【トライワークス】